topimage

2017-07

外構改造計画12 ガレージ脇駐車場 - 2016.11.18 Fri

定住するとなると、大人1人につき車1台というライフスタイルがご近所では一般的です。

我が家は前庭を広くとっているため、以外とたくさんの車を駐車することができるので、スペース的にはもう1台車を購入することは問題ありません。しかし、せめて屋根がないと冬場は車を出すのにえらい手間がかかるようになるし、車の痛みも早くなるので、車庫の屋根を延長して、もう1台分の駐車場を作ることにしました。

20160925-1.jpg
駐車する場所には防草シートを敷いて砂利を敷き詰めました。

20160925-2.jpg
車格がレガシークラスの車だとバルクタンクギリギリまで寄せてようやく鼻先も屋根の下に治るという感じです。

20160925-3.jpg
砂利が流れ出ないよう板を埋めて抑えています。プロが施行する本格的な外構工事ではこういったときにどのような処理をするのかわかりませんが、我が家ではこのようによく板を使います。いずれ朽ち果ててしまうのでしょうが、その頃までにはなんか良いアイディアが浮かんでいるのではないかな、という楽観的な見込みで進めています。

気付いたら、職人さんが手掘りでちょいちょいとボイド管の基礎を作っていました。

20160925-4.jpg
今回の材木はホームデザインHARATAの工房でプレカットしてもらったものが届きました。なので、現場では最低限の加工のみで、塗装をしたらガンガン組み立てていくことになります。

20160925-5.jpg
梅雨時で雨が降りがちなので、一時的に車は外に駐車して、車庫の中で材木を塗ります。塗料はキシラデコール、いつもの色のバリサンダです。

20160925-6.jpg
ごく小さい屋根を製作するだけなのですが、以外とたくさん材料があります。みほはとても塗装が上手になっていて、仕上がり、作業のスピードともに申し分ありません。

20160925-7.jpg
屋根の野地板も裏側が見えるので塗装します。普段、滅多に見上げないのだからほっとけばいいという意見もありますが、我が家のこだわりです。

20160925-8.jpg
こんな大きな平面もほとんどムラなく塗れる技術を習得しています。

20160925-9.jpg
設置作業は原田さんのスーパーバイズでイッシーもお手伝いをします。窓の飾り枠を剥がして、垂木を設置するための受け金物を取り付けています。

20160925-10.jpg
設計通りということなのでしょうが、受け金物の台木が本当にぴったりすぎるくらいぴったりはまっています。

20160925-11.jpg
車庫の柱の部分に当たるように長い変わった形の頑丈なネジで止めていきます。1箇所だけ柱を外してしまったので、後ほど外して締め直しました。

20160925-12.jpg
垂木は金物に釘で止めていきます。狭い上に変な方向にハンマーを振る必要があるので、作業がはかどりません。

20160925-13.jpg
垂木の固定をいい加減にやると、強風で屋根が飛ぶなどの災害が起きてしまうので、慎重にやりました。写真の左側に写っている、塗装していない細い材木の木組みがありますが、この職人芸の木組みが外側の柱を支えているおかげで、重機を使わずに桁を人力であげて組み付けていくことができました。

20160925-14.jpg
野地板も垂木ごとに縦に45cm間隔で釘を打っていきます。かなり大量の釘を使うので、エアー釘打ち機が欲しくなりました。調子が出てきたところで雨がきつくなってきたのでブルーシートで養生して、この日の作業は終わりました。

20160925-15.jpg
破風を外周に回して、タッカーでアスファルトルーフィングを止めて、自分でできる作業はほぼ完了です。ブルーシートで養生をして、細かい作業をやりつつ板金屋さんが屋根を葺いてくれるのを待ちます。

20160925-16.jpg
最後の仕上げは、いつもの板金屋さんが家や車庫と同じ色のガルバリウムを屋根に葺いてくれました。低い位置で屋根を作ったため、我が家としては最も屋根の勾配が少ない屋根になりました。大雪が降ったら雪下ろしが必要なレベルです。

後から企画して作ったとは思えないほど、デザイン上もしっくりまとまっていて、車庫がよりどっしりした感じに見えるようになり、かっこいいと自画自賛しています。まだ入れる車はありませんから、そうたがテーブルを置いたり、自分の自転車を置いたり使っています。


関連記事

● COMMENT ●

Napoliさん

冬場は駐車スペースに屋根がないと思わぬ重労働をしなければならない時が多々ありますね。
玄関の正面だとせっかくの家の顔が見えなくなってしまうので屋根をかけるのはもったいないですね。

おちゃさん
家は色々目につくところを改善していくと、作業に終わりが見えません。
本当に人生のようです。
別荘族の何でも屋さんになれるよう今後も精進していきます。

こんばんは!

いいですね、屋根と柱だけというのも。
デザインもとってもお洒落です。
元の駐車場は壁もあって家のように見えるし、後から作った方は屋根と柱だけの方が見た目もスッキリするんですね。
なるほど、こんな作り方もあるんですね。アイディアですね~。
私も車庫が欲しい派ではあるのですが、裏庭を広く取りたいが為に
家を思いっきり前面へ出してしまったので
車庫を作ろうと思うと玄関のほぼ正面になってしまうんです。
こういう設計は家作りを始める前にきちんと考えておくべきでした。
。。って今頃言ってみても~。^^;;

生活はいろいろ変化するもの。いったん落ち着いても
あとからいろいろと欲求は出て来るし、新たなアイデアも
浮かんで、変更、修正が出てきますね。人生と同じで
変更、修正だらけ。しかしissyタフですね。
そこまで来たら、原村の別荘族御用達の何でも屋さんに
なれますよ。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://miyamanosato.blog.fc2.com/tb.php/777-af68d820
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Ela Vista Apartment パプアニューギニア再び «  | BLOG TOP |  » ハンモック

プロフィール

issy-family

Author:issy-family
たそがれの国際協力人イッシー
ワクワク作業療法士のみほ
歌と踊りが大好きな長女うみ
いつもニコニコ長男そうた
の4人家族ですヨロシク

最近のブログ+コメント

最新トラックバック

アクセスカウンター

カテゴリ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

月別アーカイブ

07  06  04  03  02  11  10  09  08  07  04  03  02  01  12  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR