topimage

2017-09

外構改造計画11 車庫裏の階段づくり - 2016.11.04 Fri

家ができてから、薪棚と同様、階段作りもどちらかというと避けてきたような気がします。作り方はホームデザインHARATAの原田さんや大工さんに教えてもらい、きちんと道具は揃えたのです。やる気はあってもどうしても自信が持てなかったのです。

最初に階段が必要になったウッドデッキでは、もはや階段とは呼べない、枕木をポンと地面に置いたものでごまかしています。しかし、せっかく車庫裏をきちんと整備したので、よりよく使えるようにいよいよ階段作りにトライすることにしました。

20160922-1.jpg
どのような階段が作れるか、原田さんに相談して口頭で説明してもらったのですが、いまいちイメージができない私たちのために簡単な図を描いてくれました。グランドレベルは一定ではないし、材料の枕木もまた長さがかっちり出ている材木ではないため、数値は書き込まれていません。現場合わせです。

20160922-2.jpg
今回、準備した枕木は2本です。連絡の行き違いがあり、外国製の中古のいわゆる本物の枕木が来ました。しかし、今回の用途には新品の材木を枕木として加工した物の方が相応しいため、南信木材さんにすぐに交換していただきました。

地面を測ったところ、階段のフレームというか側桁の部分は角度はちょうど45度、長さも長辺は1メートルくらいなので、地面に埋める部分を取るためにも長さが212cmの枕木をただ半分にカットすれば良いだけということになりました。

20160922-3.jpg
本物の中古の枕木は石が噛み込んでいることがあるため、切断する時にはとても気を使うのですが、新品の枕木風の材は切断に丸ノコを使うことができるため、比較的加工が楽にできます。

踏み板の部品の切り出しは3等分、ちょうど70cmで取ればいいのですが、微妙な端材が出る中途半端な65cmで取ることにしました。加工が楽にできるといっても、材はとても太いため表と裏から切らないと切断できない上に、とても硬い木のため、それなりに苦労しました。

20160922-4.jpg
普段の仕事は会議やPCや電話と口先、指先が中心で、肉体を使うことはほとんどありませんが、美山の里での主な役割は肉体労働者です。斧やスコップ、一輪車が自分の一番の相棒たちです。

20160922-5.jpg
硬い地面を数十センチ程掘って、側桁を埋め込んで固定しました。掘った部分は砕石で埋めて踏み板のレベル調整をします。踏み板を安定させるために、踏み板の下にはオーストラリアンブリックをそれぞれの高さで2個埋めていきます。

20160922-6.jpg
地面をコンクリートで固めるわけではないので、どうせ動くのだからそんな真剣に水平を取っても虚しいだけなのですが、これを妥協できません。とりあえず、今できるベストを尽くすべくやっております。完全に水平をとるのではなく、奥に向けて下がるように少しだけ傾斜させています。

20160922-7.jpg
土台のレンガの部分で合わせて、踏み板の部分でも合わせるので素人にとっては本当に大変な作業になります。

20160922-9.jpg
踏み板が流されて前に出て行かないように、最上段のみ、地面に隠れる位置で側桁と踏み板をアングルで連結して釘を打って固定しました。本当は下の段からそうやって作ればよかったのですが、そういった方法に気がついたのが最上段まで行った時だったのです。取りあえず今回は下の2段は鎹のみで固定してみて、動いてどうしようもなければ、分解してアングルを付けるということにしました。

20160922-8.jpg
仮組みが完了しました。何度か上り下りしてみて、具合がいいのでこれで固定することに決めました。

20160922-10.jpg
子供を持つ夫婦ならば「子は鎹」という言葉を身につまされる思いで聞くことは決して珍しいことではないと想像しますが、実際の鎹がどのような物なのか私たちの世代で知っている人はそう多くないのではないのかもしれないと思いました。少なくとも私たちは、今回最後に側桁と踏み板を鎹で止める作業をするまで、鎹がどのようなものなのかはっきりとは知りませんでした。

ハンマーで鎹を打ち込むことで、木を組み合わせた物体が階段になりました。こうして初めての階段作りで、思いのほか見栄えの良い、素敵な階段を作ることができました。最初は時間があっても結構何もできないものだなと、自分に失望しかけていたのですが、やってみると以外とできるもので、しかも、徐々にDIYのレベルが上がってきているのが本当に嬉しい限りです。

次は何を作るのか、それを考えるのが楽しみです。


関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://miyamanosato.blog.fc2.com/tb.php/773-d1f35455
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ココットビレッジ de 森の中のお茶会 «  | BLOG TOP |  » カフェアンダンテ

プロフィール

issy-family

Author:issy-family
たそがれの国際協力人イッシー
ワクワク作業療法士のみほ
歌と踊りが大好きな長女うみ
いつもニコニコ長男そうた
の4人家族ですヨロシク

最近のブログ+コメント

最新トラックバック

アクセスカウンター

カテゴリ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

月別アーカイブ

09  08  07  06  04  03  02  11  10  09  08  07  04  03  02  01  12  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR