topimage

2017-07

入笠山湿原ボランティア活動(スキースポーツ少年団) - 2016.09.01 Thu

そうたが来シーズンから本格的にスキーの修行をするために、今年の春から富士見町のスキースポーツ少年団に入団しました。雪のない季節も、スキーに必要な足腰の鍛錬のために、定期的に集まりランニングをして、秋口には諏訪湖マラソンにも出場するらしいのです。

そういったスポーツ少年団らしく身体を動かすことだけではなく、わが少年団は、冬場にお世話になる富士見パノラマスキー場のある入笠山を外来植物の脅威から守る活動も行なっています。

20160801-1.jpg 20160801-2.jpg
曇り空であんまり暑くないのはいいけれど、やっぱり山は青空の方がいいと思いつつ、入笠山湿原の貴重な植物を守るため、子供たちは雨が来ても大丈夫な格好で山に入っていきます。

20160801-3.jpg 20160801-4.jpg
山頂から湿った重い空気が降りてきます。皆んなで、教わった通りに外来植物を見つけるたびに引っこ抜いていきます。普通にしていたら綺麗な緑、綺麗な花ということなのでしょうけれど、「ごめんなさい、ここはあなたの住む世界じゃないの」、と言いつつ駆除していきます。

20160801-5.jpg 20160801-6.jpg
だいぶ草の丈も伸びてきており、残すもの、駆除するものをより分けるのも大変です。

20160801-7.jpg
作業が終わったら皆んなでカレーを食べて解散しました。天気が良ければ上まで登って景色が楽しめたのですが、それはまたの機会の楽しみに取っておきます。


関連記事

● COMMENT ●

うちの子たちは村に引っ込む前は、各国の首都で育って育った都会っ子ですが
東京には住んだことがありません。
そうたはすっかり野生化して、大雨でも傘をささずに道を歩いています。

スキーをしないシーズンも体を鍛え、外来種の植物を駆除することに努める。そりゃきたえられますね。

しかしあそこ広いから大変ですね。タンポポなんかも外来種だらけというからなあ。そう言えば淡水魚も亀もそうだ。日本の住宅なんかも大半が輸入材で、海外の製材所からそれにくっついて種も意図せずいっぱい輸入されそう。考えてるとなんか絶望しそう。

しかしそうたくん、これ、いい勉強になるなあ。こういうことに関心を持つ子になりますね。私の世界では、関心がある大人が少ないです。普段から自然な形であまり木にも草にも花にも触れる機会がないんです。都内の高層ビルに住み、都内の高層ビルに勤務してると。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://miyamanosato.blog.fc2.com/tb.php/750-8bbd8dd7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

山高の神代桜2016 «  | BLOG TOP |  » バヤラーちゃんとの乗馬

プロフィール

issy-family

Author:issy-family
たそがれの国際協力人イッシー
ワクワク作業療法士のみほ
歌と踊りが大好きな長女うみ
いつもニコニコ長男そうた
の4人家族ですヨロシク

最近のブログ+コメント

最新トラックバック

アクセスカウンター

カテゴリ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

月別アーカイブ

07  06  04  03  02  11  10  09  08  07  04  03  02  01  12  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR