topimage

2017-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドゥシャンベの日々 - 2016.08.18 Thu

中央アジア、タジキスタンのオアシス都市のドゥシャンベに行ってきました。ドゥシャンベは暑いときは、今回の滞在中も47度と日本と比べると気温は暑いのですが、湿度が少ないためからりとしており、気温のわりには過ごしやすい気候でした。

20160810-9.jpg
滞在先は巨大な集合住宅「ポイタフト」です。街で一番にぎやかなルダキ通りに面していて、このアパートの対岸にはテレビ局もあるような場所です。

20160810-1.jpg
いつもの海外滞在同様に家具付きのアパートです。リビング、キッチン、ベッドルームの3部屋があり、子供のいない新婚夫婦向けといった物件です。

20160810-2.jpg
リビングはこの通りだだっ広いけれど、掃除のしやすさを重視して、これでも狭めのアパートになります。

20160810-8.jpg
部屋は9階にあり、これは夜になるとアパートの窓から見える、ルダキ通りのランドマークの一つ、ツインタワーです。

20160810-7.jpg
地下の水道管工事を近くでやっていました、この影響なのか度々断水がありました。

20160810-3.jpg
閉店中ですけれど、カフェ「セブンイレブン」です。

20160810-4.jpg
これは野菜・フルーツがメインの市場です。野菜は風味があって味が濃くて、特にトマトやニンジンが美味しくて、フルーツはメロン、スイカ、桃、アンズ、洋ナシと美味しいものが数多くあります。

20160813-3.jpg
だいたいキロ単位で売られていて、ロシア語たタジク語ができなくても秤に値段がでるのでめったにぼったくられることはありません。

20160810-5.jpg
街の主要な通りには巨木の街路樹が立っており、落ち着いた雰囲気を作っています。道の掃除は女性たちがやっていて、なんと夜中の2時くらいから掃き掃除をしている人もいます。

20160810-6.jpg
ルダキ通りにの中央分離帯は遊歩道になっていて、職場もルダキ通り沿いにあるので、毎朝、毎夕、この遊歩道を使い通勤していました。背の高い巨木が強い日差しを遮ってくれるので、日中でもとても快適に歩くことができます。


関連記事

● COMMENT ●

今回はペルシアの文化圏ですね。ソグド人とか世界史で出てきた人たちが普通にいます。
そういえばパリやニューヨークは今の所縁がなく、旅行やトランジットすらないです。

今回も魅力的な画像がいっぱい。建築が面白いですね。やはりその国ごとにスタイルがありますね。市場も並木道も、まったく違う。ラバウルともウランバートルとも原村とも鎌倉ともまったく違う。issy-familyの文化経験レンジの広さはかなりのもの。パリやニューヨークがないところが、超貴重です。今や時代を引っ張るのは新興国!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://miyamanosato.blog.fc2.com/tb.php/740-0708bd8e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

遺跡と温泉保養地 «  | BLOG TOP |  » ラバウル

プロフィール

issy-family

Author:issy-family
たそがれの国際協力人イッシー
ワクワク作業療法士のみほ
歌と踊りが大好きな長女うみ
いつもニコニコ長男そうた
の4人家族ですヨロシク

最近のブログ+コメント

最新トラックバック

アクセスカウンター

カテゴリ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

月別アーカイブ

09  08  07  06  04  03  02  11  10  09  08  07  04  03  02  01  12  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。