topimage

2017-08

外構改造計画1 LPガスのバルク貯槽ユニット設置 - 2016.07.04 Mon

美山の里への定住化に向けて、植樹以外ほとんど手をつけていなかった外構をいろいろと変えていく作業を春から始めました。だいぶブログをサボっている間に作業はかなり進んでいて、なんと記事は作業の時系列をかなり無視したものになりそうです。

元々、LPガスボンベが家の目立つところにあるのはちょっと…といった気持ちがあったので、LPガスのバルク貯槽ユニットを設置することにしました。バルク貯槽ユニットというのは、LPガスのボンベとは違い、定置型のガス貯槽器で、家から離して設置することでき、我が家のガスの使用量ならボンベよりも利用料金も安くなります。

バルク1
このバルク貯槽ユニットを設置するためには基礎を打つ必要があるため、春を待って作業を依頼しました。

バルク2
この一連の工事や設備にかかる費用はガス屋さんが持ってくれます。基礎をしっかりさせるための石は敷地にあるものを使ってもらい、少しは工事費用の削減に貢献できたでしょうか。

バルク3
職人さんがさくっと基礎の穴を掘っていかれました。私たちが地面を掘る時はえらい大変な思いをしているのですが、職人さんはあっという間に、且つ、綺麗に作業を完了させています。

バルク4 バルク5
我が家の電気・電話・ケーブルテレビ・水道は地下埋設されていて、ちょうど今回ガス管を埋設する経路にあるため、結構な距離があるにもかかわらず手掘りです。石だらけの大変な土地ですが、職人さんと営業さんの努力で立派な溝が掘れました。

バルク6 バルク7
バルク貯槽ユニットはクレーンで搬入して基礎に固定していました。真新しいバルブがピカピカ光っています。

バルク8
バルクローリー車という働く車がやってきて、設置されたバルク貯槽ユニットに早速ガスを充填します。

バルク9
車庫の脇にちょっと大きな構造物ができましたが、車庫の脇には屋根をかける予定なので、いずれバルク貯槽ユニットも目立たなくなることでしょう。


関連記事

● COMMENT ●

家の中も外もやることが満載で、仮暮らしてはなく、暮らすというのは、時間を含めて多くのコストがかかるものなのですね。どちらかといえば荒れ気味だった庭が、最近は整ってきました。コツコツと続けていきたいと思います。

家から離して設置できてプロパンのボンベとはまた違う外観上の変更も可能。しかも使用料金は少しお安くなる。工事費は業者さんもち。いいことばかり。工事の詳細と、全体の様子がよくわかる記事でした。プロパンって高いから、少しでも料金下げたいですしね。原村の生活が充実してきていますね。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://miyamanosato.blog.fc2.com/tb.php/730-73a9c9bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

我が家のクリスマスツリー2013 ウランバートル編 «  | BLOG TOP |  » 入学式

プロフィール

issy-family

Author:issy-family
たそがれの国際協力人イッシー
ワクワク作業療法士のみほ
歌と踊りが大好きな長女うみ
いつもニコニコ長男そうた
の4人家族ですヨロシク

最近のブログ+コメント

最新トラックバック

アクセスカウンター

カテゴリ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

月別アーカイブ

08  07  06  04  03  02  11  10  09  08  07  04  03  02  01  12  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR