topimage

2017-10

バヤラーちゃんとの乗馬 - 2016.08.30 Tue

昨年の今日、帰国を翌日に控え、ずっと仲良くしてくれたバヤラーさんと乗馬に行きました。親しくなった人たちとの別れが一番こたえるのですが、テレルジの馴染みの牧場とも、これでしばらくお別れと思うととても寂しいです。

20150830-1.jpg
2013年5月11日に初めて家族で乗馬に来た時に、そうたとタンデムした相棒の馬ということを覚えていてくれた訳ではないのでしょうが、この、思い出に残る最後の乗馬の相棒はあの馬でした。

20150830-2.jpg
今まで家族と来ていた時は、だいたい早足までしかしていないのですが、今回は走れる人たちと来ているので、ガイドさんの馬に先導されて、こちらの馬も徐々に走り始めました。

20150830-3.jpg
ガイドさんは本当にすごくて、これはほぼ全力疾走なのですが、後ろを振り向いて写真を撮ってくれています。どうやって体を支えているのかは謎です。

20150830-4.jpg
何歳でしょうか、5、6歳にしか見えない男の子が一人で馬に乗って遊牧をしています。声をかけたのですが、恥ずかしがって逃げていきます。

20150830-5.jpg
バヤラーさんはとってもおしゃれにコートとおしゃれブーツで乗馬です。遊牧民のご両親に仕込まれているので、耳やシッポの動きから分かる馬の気持ちを解説してくれます。

20150830-6.jpg
いつもは歩いてゆっくり渡る川も、早足でジャバジャバ渡ります。馴染みの馬と、一体感の感じられる最後の乗馬でした。最後最後と書いていますが、いつかまた家族で帰ってきて、できれば馬でキャンプの旅がしたいと思いました。


関連記事

● COMMENT ●

モンゴルは、気候は別にして、とても住みやすい国でした。とっても気楽な乗馬で、あんな調子なら趣味としてずっと続けたいのですが、日本ではそうもいきませんね。

モンゴルという遠い国で、こういう遊びというか運動に親しめてとても良い経験になりましたね、私も長期滞在してみたいなあ。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://miyamanosato.blog.fc2.com/tb.php/713-96137e22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

入笠山湿原ボランティア活動(スキースポーツ少年団) «  | BLOG TOP |  » モンゴルでの乗馬体験 2013.5.11編

プロフィール

issy-family

Author:issy-family
たそがれの国際協力人イッシー
ワクワク作業療法士のみほ
歌と踊りが大好きな長女うみ
いつもニコニコ長男そうた
の4人家族ですヨロシク

最近のブログ+コメント

最新トラックバック

アクセスカウンター

カテゴリ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

月別アーカイブ

09  08  07  06  04  03  02  11  10  09  08  07  04  03  02  01  12  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR