topimage

2017-05

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バレエ観劇 - 2013.04.09 Tue

3月最後の土曜日の夕方、家族そろってバレエ「白鳥の湖」の観劇に出かけました。

DSC_1270.jpg
知り合いが我が家の分のチケットも入手してくれました。子供料金の設定はなく、一席15000トゥグルグ、これを日本円にすると一席当たり1050円程度です。

DSC_1306.jpg
会場はスフバトール広場の傍にあるオレンジというかピンクというか、とにかく少し変わった色をした国立オペラ劇場です。18時開演だと思い15分ほど前に到着してみると、入り口が閉まっていました。実は17時開演だったそうです。幕間には入り口が開くということで、それまでしばらくは外で待つことになりました。

DSC_1308.jpg
待っている間あたりを眺めていると、スフバトール広場の一角に警察官が沢山集まってきていました。ちょうど安倍総理がモンゴルを訪問中で、どうも移動のために一般車両を通行止めにする準備が始まったようでした。

DSC_1312.jpg
そのうちに、休憩時間となり無事建物の中に入ることが出来ました。内部はこじんまりしていて、どこからでもしっかりと舞台の上が見えそうです。

DSC_1313.jpg
舞台手前にはオーケストラピットがあり、今回の白鳥の湖もオーケストラの生演奏で行われていました。

DSC_1314.jpg
天井の照明とその周囲の模様がとても綺麗で印象的な劇場の内装です。

肝心のバレエの方は、チケット裏に「カメラ撮影禁止」の絵が描かれてあり、それをしっかりとチェックしていた娘に「撮影しちゃダメ」と強く反対していたけれど、周りの観客はフラッシュをたいて堂々と撮影する人もいたりとその辺のマナーはゆるい感じでした。それなりに楽しめる内容でした。とくにうみはとても楽しんで観ていたし今後も興味ある演目が行われる際には観劇に来るのも良いな、と思いました。


関連記事

● COMMENT ●

Re: タイトルなし

おちゃさん、こんにちは。

今回演じていたのは、モンゴルの方々だったようです。毎月いくつかのバレエの演目が
披露されるようですが、おそらく彼らが全て演じる模様です。

ただモンゴルとロシアは繋がりが深いので、本気でバレリーナを目指す人は小さいころから
ロシアへバレエ留学をしたりしているという話を、どこかで読んだ気がします。

天井の模様は、面白いなぁと思って撮影したのですが、娘が学校で学んできたところによると
円の周囲に描かれている模様は、「モンゴルの文様」だということらしいです。
確かに、この間ゲルキャンプに行った時にゲルの中に置かれていたテーブルなどにも
同じような文様が描かれていました。

演じるのはモンゴルの方々なんでしょうか?
それともロシアの方々とか。

最後の画像、建物の天井の模様が面白いですね。
中国の段通をちょっと思い浮かべました。
例: http://www.dothespace.jp/entranceway-mat/silk/detail/esm19.html


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://miyamanosato.blog.fc2.com/tb.php/593-aa4f6125
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

サーカスがやってきた!! «  | BLOG TOP |  » 初めての路線バス

プロフィール

issy-family

Author:issy-family
たそがれの国際協力人イッシー
ワクワク作業療法士のみほ
歌と踊りが大好きな長女うみ
いつもニコニコ長男そうた
の4人家族ですヨロシク

最近のブログ+コメント

最新トラックバック

アクセスカウンター

カテゴリ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

月別アーカイブ

04  03  02  11  10  09  08  07  04  03  02  01  12  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。