topimage

2017-09

非日常的な散歩 - 2013.02.28 Thu

エジプトの時と違い車を所有していないため、週末のお出かけはひたすら歩きで!の我が家です。家族4人の歩く速度が異なるため大体がイッシーとうみ、みほとそうたというペアで歩く感じになります。野外保育森のいえぽっちで自然の中を散歩したりして足腰を鍛えていたはずのそうたがとても歩きが遅く、ここウランバートルではすぐに弱音を吐くようになってしまいました。

ある日の町の中心地までのお出かけの帰り道に、イッシーの提案で車の通る大通り沿いの歩道の上ではなく、冬だからこそ通れる道を通って帰ろうということになりました。

平和橋と呼ばれる大きな橋の下、凍っている川を横断して帰るというルートでした。舗装道路を歩いている時にはトロトロトロトロと歩いていたそうたが、脇道にそれていくイッシーの後姿を見た途端にスピードアップ。凍って雪の積もっている道とも呼べない道を見て大興奮、常に先頭のイッシーを抜かしてゆく勢いでずんずん歩き始めました。

DSC_1010.jpg
街中のアパートを暖めている集中暖房システムとしてお湯を流しているパイプがどこかで破裂したらしく、普段は全部凍っているはずの川が、一部溶けて湯気を上げながら水(お湯?)が流れていました。向こう岸まではあとほんの少し、来た道を戻って橋の上を再び歩いて渡るのは考えものなので、パイプが何本か集まっている部分を橋として使い無理やり渡ることにしました。

DSC_1011.jpg
ちょっとだけ不安げな表情を浮かべながらも、イッシーやみほに手を引かれ無事に川を渡り終えた子供たちは、渡り切って大満足。「楽しかったー」を連発していました。


DSC_1013.jpg
川の向こう岸からこちら側まで渡りきるのにかかった時間は、最後の部分で若干手間取ったにもかかわらず10分弱程度でした。一方、写真左上に写っている往路で歩いた橋を渡りきるのに30分近くはかかったような気がします。

ちょっとしたアドベンチャーで大興奮したそうたは、その後も家までの道をいつもにはないスピードで歩き切り、あっという間に帰り着きました。舗装されたような道ではなく、わくわくするような道であれば、そうたの実力が発揮されるのだな、と家族が納得した出来事でした。


関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://miyamanosato.blog.fc2.com/tb.php/582-0ab53705
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

イッシーの誕生日 2013年編 «  | BLOG TOP |  » 2009年夏 ヨーロッパ旅行(イタリア)

プロフィール

issy-family

Author:issy-family
たそがれの国際協力人イッシー
ワクワク作業療法士のみほ
歌と踊りが大好きな長女うみ
いつもニコニコ長男そうた
の4人家族ですヨロシク

最近のブログ+コメント

最新トラックバック

アクセスカウンター

カテゴリ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

月別アーカイブ

09  08  07  06  04  03  02  11  10  09  08  07  04  03  02  01  12  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR