topimage

2017-09

パプアニューギニアの建築風景 - 2016.08.12 Fri

パプアニューギニアのポートモレスビーではエラ・ドリーナという丘の上の要塞のようなコンパウンドに住んでいました。既に天然資源が見つかり、エクソンモービルによる開発が決まっていた当時は、ちょうど不動産の開発ラッシュが始まった頃でした。

IMGP2347.jpg
石積みの頑丈な基礎が作られています。あれからそれなりに色んな国に行ってみて、オーストラリアの技術が入ってきていたパプアの建築は、というかクレジットコーポレーションがやっていた建築はかなりしっかりしていたのだなと思うようになりました。

IMGP2348.jpg
足場も鉄パイプできちんと組んであります。

IMGP2349.jpg
木材と鉄筋をうまく組み合わせて頑丈な建物を作っているようです。

IMGP2380.jpg
丘は削られ、傾斜も最大限に利用されています。

IMGP3266.jpg
この当時でも、手当の範囲内ではまったく手の出ない家賃でしたが、安全・安心をお金で買うつもりで我が家史上最高値の家賃を払っていました。しかし、今では更に建物が増殖し、とうとう家賃は大台に乗ったというような噂も聞いています。もはや、とてもではないけれど、もう私達みたいなものが住めるような家ではないようです。

当時、エラ・ドリーナに住めたおかげで、銃を持った強盗が敷地内に一回入ってきただけ(被害はなし)、リビングの大窓がパチンコで割られただけ(怪我はなし)、というようなことだけで済んでいたのだと思います。


関連記事

● COMMENT ●

石組みは削った壁の補強と固定ですね。
高価な家賃の一番のコストは安全で、付帯設備でジム、サウナ、プールがありました。
青い海が見渡せる景色もすごく綺麗だけれど、家賃がもったいないという意見は賛成です。
あの時アパートを買った人がいたら、何倍にもなっていたのでしょうね。

ボーキサイトはアルミの原料ですね。今のポートモレスビーで取れるのかは知りません。
パプアニューギニアは大変だけれど、面白い国でもありました。

建物もすごいが、うしろの石組みの壁もすごいですね。
これは削り取った斜面を固めるためのものでしょうか?
家賃に大きなお金を払うのって、どうももったいない
気がしますね。ケチだからかなあ。都内の高額な
家賃のマンションに住んでいる人が職場でも多いんですが
話聞いていると「もったいあい・・・」と思ってしまう。

今後イッシーがモンゴルランドあるいはシルクロードランドの
施設を原村に建設した時は、ポートモレスビー・コーナーも
設けて、強盗侵入やパチンコで窓破壊などの経験を活かし
それらをアトラクションとして加えましょう。

ポートモレスビーって名前は昔、それも大昔、地理の勉強で
出て来たように思います。ボーキサイトとか採集は昔から
あったってことなんでしょうかねえ。そもそもボーキサイトって
言葉は中学生の時から知っているが、それが何であって
何に使うかってことを知らないんですけど(笑)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://miyamanosato.blog.fc2.com/tb.php/567-e8ee3422
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

外構改造計画6 薪棚作り その3 «  | BLOG TOP |  » エジプトの排水事情

プロフィール

issy-family

Author:issy-family
たそがれの国際協力人イッシー
ワクワク作業療法士のみほ
歌と踊りが大好きな長女うみ
いつもニコニコ長男そうた
の4人家族ですヨロシク

最近のブログ+コメント

最新トラックバック

アクセスカウンター

カテゴリ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

月別アーカイブ

09  08  07  06  04  03  02  11  10  09  08  07  04  03  02  01  12  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR