topimage

2017-10

古材風加工開始! - 2011.10.07 Fri

10月4日、家を建てるにあたり伐採された胡桃の木が柱のとしてこの土地に帰還した。姿形は変わってしまったけれど、第2の命をこの地でまっとうさせてあげたい。建て方をする前に、いよいよ胡桃の木を古材風にする加工が開始された。

ホームデザインHATARAの原田さんによると、胡桃の木自体は硬くてよい木ではあるということなのだけど、まだまだ含水率が40%もあり、これから乾燥が進むにつれて曲がりが出たりする可能性があるということだった。

しかし、私たちは曲がりやゆがみそのものは望むところなので、建物の強度や躯体そのものに負荷がかかるのでなければまったく気にならない。

胡桃の木1-1
胡桃の木にしては多すぎるようなので、胡桃以外もなにやら木が運び込まれているのかな。梁や玄関框に使われる木だろうか、これらの木も一緒に古材風加工が行われる。

胡桃の木2-1
この土地の主だった胡桃の木、何度見ても立派でかっこいい木だ。おかえりなさい、これからもよろしくお願いします。

胡桃の木と無垢板-1
木が運び込まれて、いよいよ家作りが本格的に進んでいるように見えるが、この古材風加工には結構時間がかかるらしい。

加工開始-1
チェーンソーを使って古材風加工!はたしてどんな仕上がりになるのだろうか楽しみでドキドキする。作業を見学できないのは残念だけど、こうやって加工してる様子がみれて幸せだ。背後にも加工を控えた木材がたくさんあって、大変な作業であることが分かる。

こうやって一つ一つ丁寧に仕上げるのがホームデザインHARATAの流儀で、原田さんが建てる家を素敵に見せる原動力となっており、それぞれの家に個性を持たせ、特徴付けている。



関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://miyamanosato.blog.fc2.com/tb.php/55-919efaa9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

退避一時帰国 完結編 «  | BLOG TOP |  » 退避一時帰国 その6

プロフィール

issy-family

Author:issy-family
たそがれの国際協力人イッシー
ワクワク作業療法士のみほ
歌と踊りが大好きな長女うみ
いつもニコニコ長男そうた
の4人家族ですヨロシク

最近のブログ+コメント

最新トラックバック

アクセスカウンター

カテゴリ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

月別アーカイブ

09  08  07  06  04  03  02  11  10  09  08  07  04  03  02  01  12  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR