topimage

2017-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初スキー 2012 - 2012.12.22 Sat

モンゴルのスキー場ってどんな所なのかな、スノーボードがしたいというようりは、好奇心の赴くままウランバートル市街から約30分ほどの郊外にあるスキーリゾートに同僚に誘われ行ってきた。

DSC_0786.jpg
いよいよリゾートが近づいてきたけれど、遠目にも茶色い地面の目立つ斜面が見えている。まだ12月になったばかりだし、果たしてスキー場はオープンしているのだろうか。がらすきの駐車場が疑惑に拍車をかける。

DSC_0789.jpg DSC_0787.jpg
入口や建物の中にも残念ながらお客さんらしき人影はない。ドキドキしながら建物の中に入ると、とても近代的で快適な空間に、数組の外国人と思わしきお客さんがいるのみであった。

DSC_0769.jpg DSC_0761.jpg
ウェアを含めてレンタルできるようだが、防寒着は足りているのでとりあえずボードと靴をレンタルして、着替えることにした。

DSC_0768.jpg
なんとチップに本日オーダーした自分のレンタル用品とサイズ、そしてリフトの利用可能時間が書き込まれている。ほぼ日本と変わらないような設備である。

DSC_0783.jpg DSC_0782.jpg
何本かすべってから建物に戻ると朝の静けさが嘘みたいにお客さんがたくさんいた。といってもゲレンデを埋め尽くすような人数ではない。

DSC_0770.jpg
だいたい外気は-13度で、日本ではこんな気温の中でスノボをしたことはない。すべっているときはまだいいのだけれど、リフトの上がとても寒くて、まさに苦行のようだった。雪質はそれなりにサラサラだけれど、アイスバーンとまではいかないものの地面が固く凍っているため、とってもスピードが出てしまうというようなある意味楽しい状態であった。

DSC_0774.jpg DSC_0772.jpg
トイレはなんとTOTOの便器が入っていてびっくり。観光産業の発達していないこの国で、この素敵な施設はすごい。

DSC_0775.jpg
食堂兼カフェテリアではフライドポテトなど洋風の軽食以外にもモンゴル茶や癖の強いヨーグルトを楽しむことが出来る。それらが特にリゾート価格としてなんの上乗せもされずに売られていてまたびっくり。余計な心配だが、果たして経営は成り立つのだろうか。

DSC_0780.jpg
リフトで上まで登ると、すかっとしたモンゴルの雄大な景色が出迎えてくれて、とっても気持ちのいいゲレンデであった。上級コースでも日本のようなコブがないので、本当に上手な人には物足りないかもしれないけれど、とても楽しい一日になった。


関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://miyamanosato.blog.fc2.com/tb.php/525-dfaed9f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

はじめてのアイススケート «  | BLOG TOP |  » 野外保育森のいえぽっち クリスマス会・忘年会

プロフィール

issy-family

Author:issy-family
たそがれの国際協力人イッシー
ワクワク作業療法士のみほ
歌と踊りが大好きな長女うみ
いつもニコニコ長男そうた
の4人家族ですヨロシク

最近のブログ+コメント

最新トラックバック

アクセスカウンター

カテゴリ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

月別アーカイブ

09  08  07  06  04  03  02  11  10  09  08  07  04  03  02  01  12  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。