topimage

2017-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我が家の土鍋 ベア1号 出動準備 - 2012.12.19 Wed

我が家の購入した土鍋「ベア1号」は、鍋肌を締め、煮えやすく、頑丈にするために調理に使用する前にお粥(重湯)を炊くようにと説明書に書いてありました。ベア1号が届いた時期は日中はまだ外作業が山積みの状態だったので、夜になってからお粥を炊くことにしました。

PB232755.jpg PB232757.jpg
土鍋の生地(特に火にかける底の部分)がよく乾いていることを確認してからガス台にそっと載せました。

PB232760.jpg
そこに水を7~8分目程度まで水を入れ、茶碗に軽く一杯分のごはんか、白米をひとつかみいれます。

PB232761.jpg
ふたをして、弱火にかけました。

PB232765.jpg
説明によると、5分ほど弱火で熱したあと中~強火にして沸騰するのを待つそうですが、鍋の外側をよく見てみると、なんと水滴がついていました。鍋に入れた水が冷たすぎたのかもしれません。上のほうの水滴はタオルで拭きつつ、弱火で少しずつ水滴が乾いてゆくのを待つことにしました。

PB232768.jpg
予定より随分と時間がかかって、ようやく中~強火にすることが出来ました。沸騰するのを待ちます。

PB232771.jpg
沸騰したら弱火にしてそこから一時間加熱を続けます。焦げ付かないように時々木のしゃもじなどで底からそっとかき混ぜます。

PB232775.jpg
お米が少しずつのり状になってきました。

PB232776.jpg
一時間炊いたら火を止め、お粥を入れたままふたをして、24時間から48時間置いておきます。

我が家は48時間置いたあとにお粥を捨てて土鍋を洗いました。洗剤や硬いタワシはつかわず、スポンジで優しく洗います。水滴を拭ったあとは、風通しのよいところに裏返しにしておいて完全に乾燥させます。

これで土鍋を使えるようになりました。陶器は細かなヒビも入り、釉薬の色なども使うにつれて変化していくそうです。これから我が家でどのように経年変化し活躍してゆくのか、楽しみです。


関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://miyamanosato.blog.fc2.com/tb.php/517-4d014541
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

我が家の手作りポスト 扉付け作業 «  | BLOG TOP |  » アプローチ作り その5

プロフィール

issy-family

Author:issy-family
たそがれの国際協力人イッシー
ワクワク作業療法士のみほ
歌と踊りが大好きな長女うみ
いつもニコニコ長男そうた
の4人家族ですヨロシク

最近のブログ+コメント

最新トラックバック

アクセスカウンター

カテゴリ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

月別アーカイブ

09  08  07  06  04  03  02  11  10  09  08  07  04  03  02  01  12  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。