topimage

2017-08

森のいえぽっち 稲刈り - 2012.10.03 Wed

いよいよ、森のいえぽっちの稲刈りの日がやってきました。お天気は朝から曇り、何もしていないと若干肌寒い感じですが、作業にはもってこいの気候となりました。

PA031468.jpg PA031469.jpg
5月末の代掻きに始まり、6月上旬の田植え、7月半ばの鹿よけ設置作業などをしてきた田んぼには、思った以上にリッパな穂が垂れ下がった稲が育っていました。

PA031470.jpg
今回も、都合のつく保護者がお手伝い。みほももちろん参加です。

PA031471.jpg
朝会の後は田んぼの脇に場所を移して、今日の作業について説明を受けます。稲刈り用の鎌の使い方や注意することを聞き、稲の刈り方を見せてもらい、その後どんなことをするのかを教わりました。真剣に話を聞く子供たちに混ざって、小学生のとき以来30年ぶりに稲刈りをするみほも真剣に話を聞きました。

PA031472.jpg PA031475.jpg
子供たちに鎌が配られさっそく稲刈り開始です。そうたもやる気満々で稲を刈り始めました。一人では刈れない子には他の子がお手伝い。そんなほほえましい姿も見られました。

PA031473.jpg PA031474.jpg
そうして少しずつ、稲を刈る人、刈った稲を運ぶ人、集まった稲をわらで束ねる人といった分業ができて来ました。

PA031476.jpg
みんなそれぞれが、できることを一生懸命がんばりました。

PA031477.jpg
わらで束ねた稲がたくさんになったところで、木を組んでウマを作り稲をかけていきました。途中でウマが倒れそうになるアクシデントはありましたが、お昼前には田んぼの三分の二ほどの稲を刈り終わりました。

午後はお弁当を食べ終わったRくんがすぐに作業を再開、それをきっかけに子供たちが作業に戻り始めました。午前の作業でコツをつかんできたおかげか、午後の作業はスピードが加速してゆきました。

PA031478.jpg
みんなの協力のおかげで思ったよりも早く、なんとぽっちの時間内に作業を終えることができました。すごい!

ぽっちの田んぼからいったいどれくらいの量のお米がとれるのかな。みんなでがんばって育てたお米を、子供たちが美味しく味わいながら食べる日が今からとても楽しみです。もしかして、ちょっとぐらいは保護者の口にも入ったりしないかな、とこっそり期待しています。


関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://miyamanosato.blog.fc2.com/tb.php/461-d0376390
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ガレージ外壁材張り付け作業 その9 «  | BLOG TOP |  » ガレージ荷物片付け その2

プロフィール

issy-family

Author:issy-family
たそがれの国際協力人イッシー
ワクワク作業療法士のみほ
歌と踊りが大好きな長女うみ
いつもニコニコ長男そうた
の4人家族ですヨロシク

最近のブログ+コメント

最新トラックバック

アクセスカウンター

カテゴリ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

月別アーカイブ

08  07  06  04  03  02  11  10  09  08  07  04  03  02  01  12  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR