topimage

2017-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

森のいえぽっち 入笠山登山 - 2012.09.04 Tue

9月に入り、夜の間に雨が降るようになり朝夕が一気に涼しくなりました。今朝は雲の多い朝でしたが、そうたの通う森のいえぽっちの年長さんと年中さんが入笠山(にゅうかさやま)登山を行いました。

P9040845.jpg
服装は長袖長ズボン、帽子に履きなれた靴(といってもさすがにいつものぽっちの靴=長靴というわけにはいきません)、持ち物は弁当、水筒、お手ふき、寒いときに羽織れる上着、そしてカッパの上下です。通常のぽっちよりも1時間以上前の8時25分ごろに我が家を出発、入笠山の中腹にある富士見パノラマリゾートのゴンドラ乗り場に向かいました。

P9040851.jpg
年中さんの中には家族で登ったことのある子もいましたが、そうたは登山自体生まれてはじめての経験です。だからなのか、朝からいまひとつテンションがあがらず、いってきま~すのときも元気がありません。

P9040854.jpg
お母さんたちのお見送りはここまで。ゴンドラ乗り場には子供たち年長1名年中7名の計8名+先生3名で向かいます。

P9040855.jpg
今回の入笠山登山ではまずゴンドラで山頂駅まで向かい、そこから山頂を目指します。パンフレットなどには山頂まで60分とあります。ぽっちの行程表によると一応片道2時間弱を予定しているようでした。がんばれ、子供たち!

登山自体が初めてのそうた。いつもの元気がなかったのが気になります。みほ自身入笠山に登ったことがないので、家に戻った後もなんだか落ち着かずに過ごしました。なんとも落ち着かないので、お迎えの時間は14時30分でしたが14時にはゴンドラ駅に到着してしまいました。

P9040857.jpg
子供たちは14時10分頃にはゴンドラ駅に降りてくる予定になっていましたが、戻ってきたのは14時30分頃でした。みんなで輪になって終わりの会をしてぽっちの入笠山登山は無事修了しました。

そうたは途中で何度かこけてしまい、一度はこけたところに少しとがった石があって太もも部分を強く打って泣きたいほど痛そうだったけれど、一生懸命こらえていたそうです。自分は年長さんだから、という自覚なのかそうたはぽっちではそういう風に我慢するところがあるようです。下山の途中では弱りそうになると小さなキャンディーをもらって、エネルギーを100%にチャージして(そんな風にそうたが先生に言ったのだそうです、ゲームの影響かな?)がんばって歩いたそうでした。そうた、年中のみんな、よくがんばったね。

P9040859.jpg
みんなへとへとに違いないと思っていたのに、お母さんたちが先生たちとお話をしている間に、仮面ライダーと戦隊ものごっこが始まり、思い切り走り回り始めました。子供たちのスタミナにびっくり。

そうはいってもたくさん歩いてきっと身体は疲れているから、今日は早く休んで明日も元気にぽっちにいこうね。


関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://miyamanosato.blog.fc2.com/tb.php/430-cb163474
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

庭の雑草 つる性植物 «  | BLOG TOP |  » 諏訪湖 サマーナイトファイヤーフェスティバル

プロフィール

issy-family

Author:issy-family
たそがれの国際協力人イッシー
ワクワク作業療法士のみほ
歌と踊りが大好きな長女うみ
いつもニコニコ長男そうた
の4人家族ですヨロシク

最近のブログ+コメント

最新トラックバック

アクセスカウンター

カテゴリ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

月別アーカイブ

09  08  07  06  04  03  02  11  10  09  08  07  04  03  02  01  12  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。