topimage

2017-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金環日食と高遠再訪 - 2012.05.21 Mon

5月21日、朝の金環日食はうみの通う原小学校から7時から8時の間で家族も一緒にみませんかというお誘いがあったので、我が家に滞在中のTさんご夫妻(おじちゃんとおばちゃん)も含め、参加して鑑賞した。集りは7時からということだったけれど、6時40分過ぎだったか電車に乗っているイッシーから、もう欠けてるけど見てる?という電話がかかり慌ててデッキに出てみてみると欠けてる!、ということで出かける準備が急加速急いで学校に向かった。

P5216483.jpg P5216503.jpg
学校にはそれなりの人が集まっていて、日食観賞用の眼鏡を手に手に太陽を見ていた。日食の様子を観察する傍ら、それぞれの持っている眼鏡を交換して見せてもらったり、遊びが始まったり、誰かが設置した大きなレンズのついたカメラの画面をのぞかせてもらったりして過ごしていた。

P5216492.jpg P5216500.jpg
銘々金環日食を楽しむための道具を持ちこんでいた。

DSC00355.jpg P5216496.jpg
小学校の理科の先生が、7時半過ぎにリングが見られることをアナウンスすると再び子供たちも含め多くの人が観察に集中。この他、影がおもしろいというので影の撮影会なども行われていた。

P5216507.jpg P5216506.jpg
理科の先生が、小型のピンホール投影機を作って設置してくれていた。一番苦労したのは投影機を2つ作るためにチップスターを4つ食べなくてはならなかったことだとおっしゃっていた。おばちゃんと一緒に「呼んでくれればいくらでも食べに行ったのに~」と先生に一言。

P5216511.jpg P5216521.jpg
金環日食を観察した後は、そのまま高遠までドライブ。みほとそうたにとっては2度目の高遠だったが、今回はおばちゃんの解説のお蔭で、高遠の歴史についての知識を得ながらの観光だったし、前回は行かなかった城跡をまわったので、今回も楽しむことが出来た。

P5216516.jpg
高遠といえば、保科正之公だそうだ。行きしなにおばちゃんが話してくれたことが書かれてあった。

P5216520.jpg P5216517.jpg
おじちゃんとおばちゃんが楽しみにしてきた絵島囲み屋敷は残念ながら月曜日が定休日で見ることが出来なかった。庭に福島の猪苗代町から贈られた磐梯赤松が何本も植わっていた。福島の会津とはご縁があるらしい。

高遠から我が家に戻り、おじちゃんとおばちゃんは帰路に着いた。上田と中軽井沢を経由する予定らしい。安全で楽しい旅路になっていることを願う。貴重な休みを使って、遠いところからわざわざお越しくださってありがとうございました。

ベッド作り、子供たちが手伝って力を合わせて作ったこと、きっとずっと忘れないと思います。大切に使わせていただきます。また何度でも来てくださいね。


関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://miyamanosato.blog.fc2.com/tb.php/323-3d254c6e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

カーテン採寸と子供部屋のベッド «  | BLOG TOP |  » 福島からのお客様

プロフィール

issy-family

Author:issy-family
たそがれの国際協力人イッシー
ワクワク作業療法士のみほ
歌と踊りが大好きな長女うみ
いつもニコニコ長男そうた
の4人家族ですヨロシク

最近のブログ+コメント

最新トラックバック

アクセスカウンター

カテゴリ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

月別アーカイブ

09  08  07  06  04  03  02  11  10  09  08  07  04  03  02  01  12  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。