topimage

2017-08

2010年夏 キャンプその4 ~海外からの家づくり~  - 2011.09.13 Tue

たった1週間ほどの滞在なのに、ずっと美山の里で暮らしていたような気になってしまうくらいくつろいでしまった。そして、ずっとここにいたいなと思った。

運べるだけの物しか持たず、数年おきに各地を転々とする暮らしも楽しいけれど、とにかく私たちはどこかに根をおろすことを考え、そしてこの場所に出会った。移動が宿命の暮らしを送る中で、ゆっくり季節が変わるように自分たちは変化し、心のうつろいを感じ、なにが大切なのかを考えそして決断をした。

土地自体は即決に近い形で決めてしまったので、これから徐々に色んな人と出会い、つながりができることで、ここが確固たる家族の居場所となることを願っている。

2みんな一緒に歩こう_convert_20110910040757
子供が生まれてからの我が家の拠点は海外だったので、休暇で日本に戻っても、子供たちは特段友達と毎日遊ぶということがなかった。美山の里では、近所に年の近い、しかも女の子がおり、うみにとっては本当に楽しい日々だったようだ。まだ学齢期ではないので、学校にも行かず、午前中を暇に過ごしていたそうたはうみが帰ってくると大喜びで、子分のようについて回った。


2朝食_convert_20110910040908
今滞在中の我が家はなんちゃってキャンプ生活だったので、飯盒炊飯など硬派なキャンプ料理は作らず、食事はもっぱらAコープで買ってきた白飯やお惣菜などがメインだった。

衛生上の問題で生卵を食べることのできないカイロから戻った私たちには、八ヶ岳実践農業大学から買ってきた新鮮な卵を、ご飯にかけてしょうゆを垂らすだけの「たまごごはん」が何よりのごちそうで、みんな飽くことなくよく食べた。

3プラン作り_convert_20110
木陰は天才だ。胡桃の木々のが日陰を作ってくれるので、木陰の移動に合わせて、テーブルを移動させて日差しを凌いだ。空気が乾燥しているため、日陰はとても涼しくて、高原の風がほほをなでて木々を渡るのがとても気持ちよかった。

だから、キャンプ中の我が家のリビングは木陰の中に決まり、木陰で食事をとり、木陰で家のプランをを練った。

3キャンプ撤収_convert_20110910041606
ツーリングキャンプを好んでしていたいっしー、そしてそれ用のテントは見たことのあったみほが、テントを貸していただける、ときいて想像していたテントは、もっと小型の、4人が横になればいっぱいになるようなテントだった。

ホームデザインHARATAの原田さんがキャンプ道具やテントの下に敷く大きな板を積んだピックアップで現れた時にはびっくりした。でも、そのおかげで本当に快適なキャンプ生活だった。


3集合写真_convert_20110910041853
早くも愛着がわき、離れがたくなってしまった我が家の土地ともしばらくお別れ、家族で記念撮影。


関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://miyamanosato.blog.fc2.com/tb.php/31-36881b12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2010年夏 番外編 «  | BLOG TOP |  » 2010年夏 キャンプその3 ~海外からの家づくり~

プロフィール

issy-family

Author:issy-family
たそがれの国際協力人イッシー
ワクワク作業療法士のみほ
歌と踊りが大好きな長女うみ
いつもニコニコ長男そうた
の4人家族ですヨロシク

最近のブログ+コメント

最新トラックバック

アクセスカウンター

カテゴリ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

月別アーカイブ

08  07  06  04  03  02  11  10  09  08  07  04  03  02  01  12  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR