topimage

2017-09

ビタクラフトの調理道具 - 2012.04.17 Tue

今日は我が家のビタクラフト製の調理道具を紹介する。我が家には現在のところ、ビタクラフト製の道具はヒューストンシリーズのフライパンと、そしてキッチンバサミがある。

フライパンを購入するに当たり、大中小3つのフライパンがあるのが理想かな、ということになった。エジプトで暮らしていたアパートで使っていたのが大きさの異なる3つのフライパンで、それがそれぞれ大活躍していたからだ。そのうち一番小さなサイズは日本から持ち込んだものだった。みほが希望したのは一番大きなものが30cm前後、真ん中が27,8cm、一番小さいものが20cmちょっとというものだったが、イッシーがどれだけ調べても30cm近い家庭用のフライパンを日本のインターネット通販上で見つけ出すのは無理だった。考えてみれば、エジプトで使っていた一番大きなサイズのフライパンは本当に大きくて、家族4人分のパスタソースを作ってそこで和えて、という作業にはぴったりだったけれど、片手で持って操作するには重すぎるし、何より大人数・食べる量がけた違いのエジプトの家庭だからこそ存在したものかもしれないと思うようになった。

P4064250.jpg
そんなわけでイッシーが購入を決めたのが、形が綺麗で機能もよさそうなビタクラフトのヒューストンシリーズの27cmのフライパンだった。

P4064253.jpg
目立ちはしないが、ヒューストンの名前が刻まれている。

出来れば同じシリーズで小さいフライパンもそろえたいと思ったけれど、ヒューストンシリーズのフライパンはこのワンサイズだけだった。サイトによっては外径の27cmではなく内径の24cmで表示しているところもあり、紛らわしかった。

P4165431.jpg
フライパンよりはずいぶん遅れて我が家にやってきたキッチンバサミも特に意図していたわけではないけれどビタクラフト製だった。まだ使用していないのでその性能は分からないけれど、こちらにもキッチンで大活躍してもらうつもりだ。

少しの間は静かだったが、ここのところ再び1日にいくつも荷物が届くようになり、特にキッチンの道具が急速に充実してきている。新しい家なので、新しい道具を使えるのは嬉しいけれど、長い海外生活で、日本に生活道具がなかった私たちは、文字通り一から道具を揃えるわけで、それもなかなか大変だ。

少しずつでも着実に片付けを進め、寛げる家にして、そして寛げる時間を作っていきたいと思う。ごちゃごちゃしていて、中途半端な環境家でも子供たちにとっては寛げる空間であるようで、それは本当に嬉しいことだ。このような場所を持てたこと、原田さんや職人さんたちに暖かで快適な家を造ってもらえたことに大変感謝している。


関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://miyamanosato.blog.fc2.com/tb.php/284-42b8063e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

デッキ作りとIKEAのゴミ箱 «  | BLOG TOP |  » 冷蔵庫とテレビが来た!

プロフィール

issy-family

Author:issy-family
たそがれの国際協力人イッシー
ワクワク作業療法士のみほ
歌と踊りが大好きな長女うみ
いつもニコニコ長男そうた
の4人家族ですヨロシク

最近のブログ+コメント

最新トラックバック

アクセスカウンター

カテゴリ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

月別アーカイブ

09  08  07  06  04  03  02  11  10  09  08  07  04  03  02  01  12  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR