topimage

2017-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2階照明器具取り付け - 2012.03.20 Tue

今回紹介するのは、とても悩みながらようやく選んだ、我が家の2階に取りつけられた照明器具たちだ。

P3163366.jpg P3163363.jpg
2階のトイレの照明器具は、おそらくオーデリックで選ぶ照明器具として最も早いうちに心を決めることが出来た。輸入品のような質感はないけれど、実物も大きすぎずいい感じに収まっている。

逆に最後の最後まで悩んでいたのが右側の子供部屋の照明器具だ。我が家の子供部屋のコンセプトは自分たちの持ち物の収納と寝るためだけの部屋ということである。面積は意外と広いけれど、傾斜天井のため有効面積はとても狭い。

勉強もファミリールームかリビングでしてもらいたいし、子供たちが快適すぎて子供部屋にこもってしまわないようにしたい、という願いがあるので必要最低限の明るさがあればいいのかな、と悩みに悩んだ。

あまりにかわいげがない器具を選んでしまったか?と心配していたけれど、カタログとはいい意味で違った印象のシンプルで感じがよい照明器具が取り付いた。肝心の明るさは、明るすぎず、かといって暗すぎずで、しかもきちんと部屋の隅々まできちんと照らせるという絶妙なものであった。

P3163369.jpg P3163415.jpg
ファミリールームの天井部分には2箇所、照明器具が取り付いている。一つは電球が4つ付くシャンデリアタイプ(写真左)、もう1つはこれと同じラインの照明で電球が1つ付くタイプだ。ガラスセードのデザインをなるべく階段の証明と合わせたくてこの照明を選んだ。

階段わきの壁に取りつくコンセント差込口には、人感センサつきのフットライトのあるものを取りつけてもらった。当初は、2口のコンセントに後から差し込むタイプのフットライトの方が安いので、それを提案してくれていたけれど、カタログでこのフットライトを見つけてしまい、誘惑に勝てず購入。

これで、夜中にトイレに行く時も安心だ、と思っていたのだけれど、この家に引っ越してきて以来夜中や早朝におトイレに起きることがない。PNGでも、エジプトでも、実家でも起きていたので、もう年だから仕方ないかと思っていたけれど、この家は本当に快適なのだろうよく眠れる。

P3163414.jpg P3173423.jpg
カウンターデスク上の壁には、施主支給のブラケットライトが取り付けられた。明るさのためというよりは雰囲気作りのために取付を決めた器具だったけれど、60W相当の電球型蛍光灯2個を取りつけると十分すぎる明るさになってしまったので40W相当のタイプに変更した。

埃からの養生で、シーリングファンにかけられていた袋が取り除かれ全貌を見ることが出来た。袋をかけてくれた大工のSさんの計画ではファンがくるくる回る遠心力で袋が取れる予定だったけれど、なんとたった数枚のビニール袋の抵抗でシーリングファンはまともに回らないのだ。

ということで仕方がないので電気屋のMさんが長い継手を持ってきて、えいやとビニールを外してくれて、ようやくシーリングファンが姿を現したのだった。

P3163370.jpg P3163374.jpg
そして、電気屋のMさんを一番てこずらせたのが、施主支給した階段用のペンダントライトだった。取付方法がオーデリックのライトのように電源ケーブルを差し込むだけという方式でないのに加えて、つりさげライトの長さの調整ケーブルを天井側のカバーに収めるにも大変だし、私たちが電源供給ケーブルは長さ調整ケーブルと同じ長さではなく、たるませてほしいといったので、何度か取り付け直して調整するはめになってしまったのだ。

それにてもやはりプロは凄い、私たちは余裕を持たせる電源ケーブルの長さをあまり具体的に表現できず、くにゃくにゃと曲がる感じと伝えていただけなのに、私たちの頭の中を覗いたかのようなイメージ通りの仕上がりになった。

P3163399.jpg
消灯時は味気ないと思っていた石のセードが、明かりが点くと豊かな表情をみせて、イメージを超えた仕上がりになった。ちょっと大きすぎるかなと思っていたけれど、胡桃の木の大黒柱との繋がりを考えるとちょうどいい。

2階は1階と比べて室温が5度以上高く、工事現場としては異例のぽかぽかした暖かい現場のため、大汗をかいて作業をしていた。通常とは違った意味で大変な現場だったと思われる。

残りの照明はあとわずかで、外壁とキッチンが完成してからの取り付けとなる。他の電気工事も大詰めを迎えた。あとはきちんと電気契約をしてブレーカーをつなぎ、自由に電気を点けて暮らせるようになるのを待つのみとなった。もうじき懐中電灯ともおさらば。とっても楽しみだ。


関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://miyamanosato.blog.fc2.com/tb.php/253-888dc4a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

シーリングファン選び «  | BLOG TOP |  » 1階照明器具取り付け

プロフィール

issy-family

Author:issy-family
たそがれの国際協力人イッシー
ワクワク作業療法士のみほ
歌と踊りが大好きな長女うみ
いつもニコニコ長男そうた
の4人家族ですヨロシク

最近のブログ+コメント

最新トラックバック

アクセスカウンター

カテゴリ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

月別アーカイブ

09  08  07  06  04  03  02  11  10  09  08  07  04  03  02  01  12  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。