topimage

2017-07

柿渋 腰板と窓台の塗装 - 2012.02.16 Thu

今朝も、気温は氷点下になった。とはいえ1ケタ台なので原村の2月の寒さとしてはまだまだましな方だろうか。空気は冷たいけれど、きっと起き抜けでまだ体の感覚も鈍く寒さをあまり感じないからだろうか、朝の清々しさを身体一杯に感じて気持ちがいい。この清々しいキレイな空気がどうにか撮れないものかと、思わずカメラを持ち出すけれど、カメラの性能はまだしも、撮影者の技術とセンスがともなわないため、このきれいな空気感が伝わらない残念な写真しか撮れなかった。

R0015654.jpg

大工さんは朝ちょっとだけ現場に来て、一仕事した後は加工場での作業を行うということだった。そして現場ではホームデザインHARATAの原田さんが、外で1階の壁の腰板の塗装を行っていた。原田さんが塗装に使うのは柿渋で、色の調整は墨汁を混ぜて行っている。腰板の色は、我が家の1階部分の梁と同じ色でお願いしてある。

R0015661.jpg R0015662.jpg
寒空の中、外で塗装をしてくださっているホームデザインHARATAの原田さん。脇では一応木材の切れ端を燃して暖を取っている。

R0015663.jpg
塗装された腰板たち。

我が家の敷地から伐採した胡桃の木が、1階部分の窓台として取りつけられることになっている話は前にしたけれど、ようやく出番で窓台の塗装が行われた。窓台単体で見ても十分かっこういいので、取りつけられた姿を見るのがとても楽しみ。

R0015666.jpg R0015673.jpg

R0015667.jpg

原村の我が家に住所が出来てから、初めての荷物が届いた。第1号の荷物は、みほの妹しのぶちゃんが手配してくれた、うみの学校で使うピアニカだ。早速中身を出して、学校で習った「こぎつねこんこん」の演奏を披露してくれた。

R0015674.jpg R0015675.jpg

いつも賑やかなそうたとイッシーのいない、みほとうみだけの夜はとても静かで、なんだかとっても寂しいね、と言いながら、大工さんが貸してくれたラジカセを使い、ラジオから聞こえてくる声に2人で耳を澄まして夜を過ごした(なんか昭和ちっく)。

建築中の我が家にはテレビがなく、建築後もしばらくはテレビを置く予定はないため、これからはこういった暮らしになるのかな。


関連記事

● COMMENT ●

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://miyamanosato.blog.fc2.com/tb.php/214-3bc0e83e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2階トイレ搬入、押入れ造作工事 «  | BLOG TOP |  » 朝のお散歩

プロフィール

issy-family

Author:issy-family
たそがれの国際協力人イッシー
ワクワク作業療法士のみほ
歌と踊りが大好きな長女うみ
いつもニコニコ長男そうた
の4人家族ですヨロシク

最近のブログ+コメント

最新トラックバック

アクセスカウンター

カテゴリ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

月別アーカイブ

07  06  04  03  02  11  10  09  08  07  04  03  02  01  12  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR