topimage

2017-09

デッキ屋根板金作業 - 2012.01.16 Mon

アレキサンドリアに降る雪、どんな感じなのかな。

エジプト北部、地中海沿いの街、アレキサンドリアに雪が降った。長い歴史の中で初めてということではないのだろうが、周りの人々は今まで雪が降るなんて聞いたことがないという。世界では温暖化なんてことがいわれているけれど、さすがエジプト、世界の流れの逆をいっており、我が道を歩んでいるということだろう。とにかく、異常気象であることは間違いない。

ホームデザインHARATAの原田さんから、1月14日に届いた写真には、白く雪に覆われた美山の里の12日から14日までの現場での様子が写っていた。山と積まれていた断熱材の施工も無事すべて終わり、現場は次の工程に進んでいた。

20120112外観
将来的に、私道から家を見て、左手前あたりにガレージを建てたいと思っているので、家を建てる位置を敷地の少し奥まったところにしてもらったけど、工事関係者の車両が何台も停まっていて、都会のコンビニよりたくさん車が止められるほど広大なスペースに見える。いずれ木で埋め尽くしたいと思っているのだけど、どんな感じになっていくのだろう。

20120112デッキ屋根板金作業2 20120112デッキ屋根板金作業3
12日は主に、デッキの屋根の板金作業が行われたようだ。左の写真に写っているのは、換気部材が取りつけられた部分。右の写真の屋根の破風板の部分を見ると、デッキの屋根も実に厚みのある立派な屋根になっていることが分かる。

20120114デッキ屋根板金作業5 20120114デッキ屋根板金作業4
屋根の破風板の部分が、しっかりと唐草と見切りの金属板で覆われているのが分かる。

20120112デッキ屋根板金作業1
日が当たらない北側の気温はマイナス8度だったそうで、金属を素手で直接触ると皮膚が貼りついてしまうとのこと。板金作業、本当にご苦労様です。

3年を過ごしたカイロからの旅立ちを前に、家族全員がそれぞれ毎日忙しく過ごしている。これがあと半月もすれば日本、数日取手の実家で過ごしてから原村に行く予定だけど、その実感はまだない。時に人の想像力は距離を超えることが出来ず、今に囚われてしまう。今の私たちが正にそうなのだろう。

多分、疲れているのだろう。今日は別府の湯にでも浸かってぐっすり眠るとしよう。


関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://miyamanosato.blog.fc2.com/tb.php/182-ffa863d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Bashayer ~女性支援施設  その2 «  | BLOG TOP |  » 断熱材施工 その4

プロフィール

issy-family

Author:issy-family
たそがれの国際協力人イッシー
ワクワク作業療法士のみほ
歌と踊りが大好きな長女うみ
いつもニコニコ長男そうた
の4人家族ですヨロシク

最近のブログ+コメント

最新トラックバック

アクセスカウンター

カテゴリ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

月別アーカイブ

09  08  07  06  04  03  02  11  10  09  08  07  04  03  02  01  12  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR