topimage

2017-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我が家の照明器具選び 玄関ホール編 - 2012.01.14 Sat

我が家が施主支給を検討した照明器具は残り一箇所、これで最後、玄関ホールに取り付けるシーリングライトだ。これについても他の照明器具と同様、とにかくひたすら、シーリングライトやミニシャンデリアのライトを見て好みの照明器具を探すことに専念した。

Kichler Oak Trail Eight-Light Outdoor Chandelier with Downlight

我が家の照明の基礎となるブラケットライトと同じメーカーの照明、KichlerのOak Trail Eight-Light Outdoor Chandelier with Downlightはその名の通り実は外用のシャンデリアだ。同じメーカーのものなので、統一感が出るかな?と思ったけれど、玄関につけるには大きすぎるのとコレクションが違うのでやはりデザインのテイストは結構違うように感じたため没になった。

Kichler Denman Olde Bronze Three-Light Pendant Elk Lighting Celina Five-Light Polished Chrome Chandelier with Espresso Glass$299
左側のライトは、当初特に気に入ったものの一つで、ブラケットライトと同じメーカー、KichlerのDenman Olde Bronze Three-Light Pendantだ。Denman Olde Bronze Three-Light Pendantはティファニーランプと呼ばれる、ステンドグラスの照明で、薄緑色の部分は天然の石が薄くカットされて、貼り付けられているようだ。かなり本気で悩んだけれど、デザインが浮いてしまうこと、我が家の玄関ホールの天井の高さでは対応できない全長があることから没になった。

ティファニーランプの部分がほぼ同じデザインで、天井に直付けするタイプがあったけれど、吊り下げ式だからこそ、素敵に感じているのだという印象だったためそれも没にした。また、評判を見てみると、天然の石を使っているためか、商品ごとに、薄緑の石の感じが違っているようで、結構ショップとやり取りをしないと好みの物は入手しづらいようで、アメリカ国内で購入するのならいいけれど、海外通販には不向きかなと思った。

右側のライトは、Elk LightingのCelina Five-Light Polished Chrome Chandelier with Espresso Glassというシャンデリアで、色の感じがゴージャスで素敵だなと感じて目についたけれど、我が家がこれまでに選んできた照明器具とはちょっとテイストが違っていて却下になった。

Metropolitan Lighting Montparnasse Large Bowl Pendant$2070 Kalco Lighting Satin Bronze Grande Bowl Pendant$749

この辺りのライトは、みほもイッシーもデザインや質感など気に入っていたけれど、なんといっても左のMetropolitan Lighting Montparnasse Large Bowl Pendantは$2070というお値段で、我が家の経済力では候補としても上がりようもなく、ただただ、かっこいいなぁ、お金持ちだったらなぁ、とため息をつきつつ眺めたのだった。

右の照明はKalco LightingのSatin Bronze Grande Bowl Pendantという照明で、こちらももともとは$2000オーバーの価格の品物だ。しかし、我が家が見たサイトでは、クリアラランス品で$749というお値打ち品があり、とてもお買い得で、あまりの値引き率とシンプルで爽やかなデザインにくらっときたけれど、我が家の玄関には合わないということで、諦めがついた。きっと北欧風インテリアなどにははまると思われ、憧れてしまう。

Hinkley Oxford Medium Olde Bronze Flush Mount Ceiling Light

そんな中、最後の最後まで候補の1つとして残っていたのが、玄関の外灯と同じメーカーの照明、HinkleyのOxford Medium Olde Bronze Flush Mount Ceiling Light。シンプルで、ちょっと重厚で、外灯と似たガラス部分がとても綺麗でいい感じかな、と好印象。特に我が家の玄関ホールには、訪れたお客様にぜひとも注目していただきたいホームデザインHARATAのオリジナル造作カウンターが付く予定なので、照明器具は控えめでいいのではないかと考えていた。ただ一つ、これまでに選んできたブラケットライトなどの明かりが、淡めの優しい感じの色となる中で、これだけはクリアなガラスなので、違う感じの光になりそうなところが気になった。

その頃にたまたまカイロのアパートを訪れてくれた、たくさんのお客さんたちに、何の説明もなしに候補の2点の照明器具を見てもらい、どちらがいいか、アンケートを取るなどもしてみた。そんなこんなの経過をたどり、我が家の玄関ホールの照明器具として選んだのは、次のライトだった。

Kichler Dunsmuir Semi-Flush Ceiling Light

この製品のKichlerの照明でDunsmuirというコレクションのSemi-Flush Ceiling Lightというモデルだ。Dunsmuir Semi-Flush Ceiling Lightは2番目に紹介したDenman Olde Bronze Three-Light Pendantと同様、ティファニーランプと呼ばれるステンドグラスの照明で、薄茶色の部分は天然の石が薄くカットされて、貼り付けられている。正直、シンプルで主張の少ないHinkleyのOxfordコレクションのシーリングライトの方が、今まで考えてきた我が家の建築方針に合うかなと、今でも迷うところがある。しかし、KichlerのDunsmuir Semi-Flush Ceiling Lightのランプシェードと石を透した優しい光の方が、玄関という家の顔に相応しいのではないかと感じたのが購入の決め手になった。

玄関ホールの照明として、といった前提条件がなければ、家族全員がどころかアンケートをとったすべての人が全員一致で選んだこの照明。心を決めて、注文をしてしまうと、今はただ、この照明器具が我が家の玄関ホールの天井に取り付けられ明かりを照らしている姿が早く見たい、という気持ちでいっぱいだ。造作カウンター、その上のステンドグラスと共に、我が家自慢の玄関ホールを形作ってくれるはずだ。

今回、施主支給の照明を購入するにあたり、同じものを日本で購入すると倍以上の金額で価格設定されていたり、照明のバリエーションが豊富だったりしたことから、そのすべてを米国から個人輸入することにした。照明選びでは米国のbellacorという通販サイトで好みの照明器具を探し、通常のセール品に関して、実際の購入に当たっては、何か特別な提携をDHLと結んでいるのか、極端に送料が安く、また照明自体の価格もあまり変わりがない米国Amazonを利用した。bellacorは発送にFedexを使っており、送料がAmazonの2倍以上はゆうにかかるので、セール品の半値以下で購入できるクリアランス品の購入、もしくはAmazonでは海外発送を取り扱っていない製品に限り利用するよう使い分けた。

年始に購入した照明器具はホームデザインHARATAの原田さんの好意で、原田さんの事務所に届くように送らせていただき、1月11日には無事届いたようだ。それにしても本当に早い。実物を見ないまま購入しているので、なるべく日本でも購入できるメーカーの製品を選んだけれど、果たして我が家にきちんと付くのか若干の不安がある。それにしても、今から梱包をといて照明器具と対面するのが本当に楽しみだ。


関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://miyamanosato.blog.fc2.com/tb.php/177-62b0167e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

断熱材施工 その4 «  | BLOG TOP |  » 我が家の照明器具選び 階段編

プロフィール

issy-family

Author:issy-family
たそがれの国際協力人イッシー
ワクワク作業療法士のみほ
歌と踊りが大好きな長女うみ
いつもニコニコ長男そうた
の4人家族ですヨロシク

最近のブログ+コメント

最新トラックバック

アクセスカウンター

カテゴリ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

月別アーカイブ

09  08  07  06  04  03  02  11  10  09  08  07  04  03  02  01  12  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。