topimage

2017-06

断熱材施工 その2 - 2012.01.06 Fri

昨年最後の写真としていただいた、12月29日、30日に撮影された現場の様子だ。細部への断熱処理の様子と断熱材を施工したあとの、ペーパーバリアの施工開始の様子が写っている。

20111229天窓周り細部断熱材充填
写真はトップライト周囲の細部断熱材充填の様子。ボードタイプの断熱材を、適当な厚みに加工したものを天窓の周囲にある隙間に詰め込んでいる。

20111229ペーパーバリア施工開始1
ホームデザインHARATAの原田さんによると、どんな断熱材を使ってもペーパーバリアなどで守らないと20~30年で湿気を含むようになり、結局は家そのものの寿命に影響するそうだ。

20111229ペーパーバリア施工開始2 20111229ペーパーバリア施工開始3
ペーパーバリアの施工が開始された。寒さが厳しく、高気密・高断熱の家の歴史が長い北海道では、ペーペーバリアの施工は当然のように行われているけれど、本州ではなかなか行われていないという。施工を行う大工さんには手間が増えるということだろうし、施主にとっては経費がかかるということで理解が得られないのであろうか。

我が家も予算は厳しいので、いろいろ取捨選択はしなければならないけれど、こういった部分は捨てずにきちんとやってもらえてありがたいと思っている。

20111230吸気口断熱枠取り付け1 20111230吸気口断熱枠取り付け2
わが家の吸気口の部分に取り付けられた、パーフェクトバリアではない固い材料を使い加工された断熱枠。吸気口の結露水が断熱材にしみ込まないようにするためのものだ。

今回の写真たちも、原田さんのキャッチフレーズ「後悔しない、いい家づくり」の心意気が伝わってくるものたちばかりだ。ここカイロには様々な出身地の人たちが集まっている。北海道出身の人たちも数人いて、北海道の家は暖かいという話は定番だが、我が家も早く北海道仕様と同等の性能の家に実際に住んで、その暖かさを実感してみたいものだ。


関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://miyamanosato.blog.fc2.com/tb.php/170-b51a5bc1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Okaidiでお買い物2 Obaibi編 «  | BLOG TOP |  » 吹き抜けの大窓

プロフィール

issy-family

Author:issy-family
たそがれの国際協力人イッシー
ワクワク作業療法士のみほ
歌と踊りが大好きな長女うみ
いつもニコニコ長男そうた
の4人家族ですヨロシク

最近のブログ+コメント

最新トラックバック

アクセスカウンター

カテゴリ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

月別アーカイブ

06  04  03  02  11  10  09  08  07  04  03  02  01  12  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR