topimage

2017-09

外壁内側水切り取り付け、気密テープ施工再び - 2011.12.18 Sun

2011年12月13日、15日に作業した我が家の外壁内側の気密テープ施工の様子だ。念には念を入れて気密を保持するための施工が丁寧に行われていることが分かる。施主としては本当にありがたい限りで、全体をきめ細かく面倒見てくださっているホームデザインHARATAの原田さんと施工してくれている職人さんには頭が下がる思いである。

20111213気密テープ施工2

20111213気密テープ施工3

20111213気密テープ施工1
水切りが取り付けられた躯体下部に気密テープが丁寧に外周をぐるっと回されて、また一つ我が家の気密のレベルが上がったようだ。こういった丁寧な施工の様子を見ていると、実際の現場に立ち会い、自分が手を動かしているわけではないけれど、この家にどんどん愛着が湧いてくる。

折角丁寧に作っていただいているので、適切なメンテナンスを行いつつ末永く家を使い続けられるよう、家も年月を経て劣化ではなくよい変化を促せるよう勉強しなければと思う。

20111215透湿防水シート気密修正処理
この写真だけが15日に撮影されたものだ。珍しく透湿防水シートをタッカーで止めているけれど、タッカーの上に透湿防水シートの切れ端を貼り付けてくれている。

20111213透湿防水シート2
ここはどこだろう?板が貼られていない壁に透湿防水シートが貼られているようだけど、この角度は屋根の近くの3角形の妻壁部分かな。この後は内側から板が貼られるのかな、いずれにしても興味深い施工の部分である。

穏やかな美山の里の様子を写真で見るのは本当に心が洗われる思いだ。ここエジプトのカイロでは昨日も軍と民衆(一部の若者たち)の衝突があり血が流されてしまったようだ。普段の生活でも議論や口論はつきもので、事を短期的視点で自分たちに有利に運ぶために普段私たちもそのように行動している。でも、問題を根本解決するには、基本、双方がきちんと主張を話合い、なんらかの合意形成をはかる「対話」しか方法がないように思う。

カイロでは議論と口論を飛越え、暴力を用いた衝突という最悪の状況が頻繁に繰り返されている。多様な人々の集団をまとめる合意形成が不可能に近い難事業だということは理解しつつも、一刻も早く対話の席が設けられることを願っている。 

関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://miyamanosato.blog.fc2.com/tb.php/151-f7763e20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

愛車、売却 その1 «  | BLOG TOP |  » 愛車、売却 プロローグ

プロフィール

issy-family

Author:issy-family
たそがれの国際協力人イッシー
ワクワク作業療法士のみほ
歌と踊りが大好きな長女うみ
いつもニコニコ長男そうた
の4人家族ですヨロシク

最近のブログ+コメント

最新トラックバック

アクセスカウンター

カテゴリ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

月別アーカイブ

09  08  07  06  04  03  02  11  10  09  08  07  04  03  02  01  12  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR