topimage

2017-09

転校 うみCBS - 2012.01.27 Fri

うみが通っていた我が家から歩いて2分のCairo British School(CBS)。帰国を控え、CBSに通う最後の日を迎えました。

エジプトにやってきて、最初のフラットに引っ越しを済ませてから、徒歩圏内の幼稚園、学校を見学して回ったとき、このCBSは飛び込みでの訪問だったにもかかわらず(一応は、見学の日程を調整してもらおうと、学校に足を踏み入れた)、その場で校長室に通され、丁寧に学校の説明、そして見学をさせてくれました。

うみが入ってくれたら、日本人第一号だ!と嬉しそうに話していた校長先生。

ちょうどYear1が始まる年の1学期から、うみはこの学校に通い始めました。ちょうど豚インフルエンザが流行して、その影響で1学期のスタートが大幅に遅れたのも、懐かしい思い出です。うみはこのころ、アルファベットすらあまりきちんとは読めない状態で、大丈夫かな?と心配でしたが、毎日元気に通ってくれました。

Year1、Year2は、ミス ディポケベルというフランス系のイギリス人の先生が担任で、Year3はミス スクルーテンというニュージーランド人の先生が担任でした。どちらの先生も、うみに目をかけてくれて、うみはいつもきちんと先生の言うことを聞いて、作業にも真面目に取り組むし、うみが私のクラスにいてくれて嬉しいわ、と大変ほめてくれて、うみは本当に楽しく勉強できたようでした。

今では、英語もずいぶんと正しい文法で会話もできるし、本も読めるようになっており、両親を追い抜く日も近そうです。そのうちホントに英語でのやり取りはうみに頼っちゃうようになるのかな?

クラスメイトだけでも、エジプト人の他に、ドイツ、ケニア、オランダ、インド、ノルウェイ、イエメンなど多彩な人種がおり、押しが強く自己主張が強い子供たちに揉まれ、いろいろあったけど、うみはよく頑張りました。

そんな仲間に反発するでもなく、自己中心的になって対抗するのでもなく、一歩下がって、優しさを伸ばしていきましたね。うみは私たちの誇りです。

R0014811.jpg
校長先生と奥さん、南アフリカのご出身です。明るくて、話が上手な校長先生。子供たちを優しく見守り、時には厳しく躾けてくれた校長先生の奥さん。

R0014813.jpg
1年と2年の時の担任、ミス ディポケベル。厳しいけど面白い先生だったようです。特に学習発表会の準備では気合が入っていて、いつも楽しませてくれました。

R0014812.jpg
3年の担任、ミス スクルーテン。「うみがいなくなって寂しくなっちゃう」と目を潤ませながら言ってくださいました。

お別れの日には、たくさんの人たちに、「I will miss you, Umi」と言われ、くすぐったい気持ちいっぱいだったうみ。みんなのことを考えたら悲しくなっちゃうから、考えないようにしてるの、と言っていたうみ。異国の地で、自分の世界を作り上げた8歳の女の子の頑張りに胸が熱くなります。 日本に帰っても、みんなとの絆、きちんと繋いでいけるといいね。


関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://miyamanosato.blog.fc2.com/tb.php/149-4816d5f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

内装工事 階段設置その他 «  | BLOG TOP |  » 1階ペーパーバリア施工

プロフィール

issy-family

Author:issy-family
たそがれの国際協力人イッシー
ワクワク作業療法士のみほ
歌と踊りが大好きな長女うみ
いつもニコニコ長男そうた
の4人家族ですヨロシク

最近のブログ+コメント

最新トラックバック

アクセスカウンター

カテゴリ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

月別アーカイブ

09  08  07  06  04  03  02  11  10  09  08  07  04  03  02  01  12  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR