topimage

2017-08

窓の位置確認 その1 - 2011.12.03 Sat

12月2日、とうとう美山の里にも雪が降り積もったそうである。未だドアが付いていないし、断熱材も入っていないので、現場は外気温と一緒でしょう。現場で働く人にとっては、厳しい季節を迎えている。

12月7日にサッシが搬入されるのを前に、窓の位置を確認するため、窓の開口部の枠が付けられたところを写した写真が送られてきた。

1階トイレ
一番左にある枠が、洗面所の窓の位置。窓の下には、今のところまだ詳細は決定していないけれど、ドラム式の洗濯機を設置する予定だ。

洗面所・お風呂
コーナーの部分はTOTOのユニットバスが入る。つまり中央右寄りにあるのがお風呂の窓、そして、柱の陰になって少し見えにくいけれど、右端にある枠が我が家の1階トイレの窓になる。

キッチン
左手に写っているのがキッチンの窓のための開口部の枠。正面には勝手口が見える。勝手口からデッキに出るようになっているのだけど、最初はデッキがないから出入り口としては使いづらいかもしれない。

平面図でずっと見てきた窓の位置だけど、こうやって写真ではあるけれど、大体の高さ、大きさがイメージできて来て、そこに収まるべき設備や家電等もイメージしやすくなってきたように思う。


関連記事

● COMMENT ●

Re: エジの建築物に見慣れてくると・・・

まきえさん、コメントありがとう。
スタートが、ログハウスでハーフユニットバスを想定、って感じだったので
そこからしたら、心配してない、っていうか日本の性能を信じてる、っていうか。
エジプトだとたまに板張りの床とかあるけど、ほんのちょっと湿気があるかなぁと
感じる程度の時でさえ、床が浮いてたり、床下の水関係のトラブルで床が浮き上がって
来たりしてるよね~。
日本でもトラブルとかあるのかもしれないけど、ホームデザインHARATAの原田さんの
きっちりした仕事ぶりを見て、かなり安心してるっていうのが本音かな?
日本のユニットバスを持ってきても、こちらではかなり誰にやってもらう、ってところを
慎重に決めないと、なんだか漏れてしまいそうだね。

エジの建築物に見慣れてくると・・・

すべてが「木」っていうのが、とても新鮮に見えます。
「ユニットバスが入る場所」でさえ、周りは全部「木」。
水周りだよ? 濡れちゃわない?
などという感覚になってしまうのって私だけ?


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://miyamanosato.blog.fc2.com/tb.php/134-ba1051d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

窓の位置確認 その2 «  | BLOG TOP |  » カイロの建築現場

プロフィール

issy-family

Author:issy-family
たそがれの国際協力人イッシー
ワクワク作業療法士のみほ
歌と踊りが大好きな長女うみ
いつもニコニコ長男そうた
の4人家族ですヨロシク

最近のブログ+コメント

最新トラックバック

アクセスカウンター

カテゴリ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

月別アーカイブ

08  07  06  04  03  02  11  10  09  08  07  04  03  02  01  12  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR