topimage

2017-06

誰といえを建てよう ~依頼先探し2~ - 2011.08.28 Sun

3番目に検討した会社は今回検討した中では一番小さい会社だった。建築士さんが個人経営しており、建築創作工房というテーマに沿って家づくりに取り組んでいる、ホームデザインHARATAの原田さんにお会いした。

原田さんは変わった建築士さんで、プランを作り、図面を引くだけなく、自ら現場に入り、施工の監理をしつつ、時には自らチェーンソーを使い加工や造作を行い、大工さん他施工関係者たちと身体を使って働いているのだ。

イッシーもみほも以前は体を使いつつ、頭も使うというような、体で考えるというような仕事をしていた。そのため、肉体労働で体は疲れても、体を使い考えるほうが心身は健康になり、そのほうが頭もスッキリして良いアイデアが浮かびやすいことを知っている。

イッシーなどは現在、やや現場から離れ、オフィスワークが仕事の大半を占めるようになり、身体も心も曇ってばかりなので、日々身体を使って仕事をしている人のことは無条件にえらいと思っているようである。

実は原田さんと出会う前に、すでに無意識に原田さんの作った家を何軒か好感を持って見ていた。

原田さんの設計で家を建てた方にお会いして話を聞く機会をいただいたが、実際に家を建てた方とお会いしてお話をすると、短い時間でも、建築した本人から話をきくより色んなことがよく分かる。そして、その人が自分の家を愛し大切に思っているのを肌で感じた。

原田さんの作った家は特に内装で独特な木の使い方をしており、こんな家に住みたいと思わせてくれた。

みほは原田さんの作る家の外観よりも、人柄が信頼できそうというところと、家の中身に惚れて早々と心を決めていた。

イッシーは家の外観は好きなタイプなのになんかどこかで自分の趣味とズレていると感じつつ、また、なんとなく話が弾む感じではないと感じており、家づくりをお願いすることにものすごい乗り気というわけではなかった。

しかし、そういった方向で自分と感性が合わないほうが信頼できる人柄と思う変なところがあり、信頼出来る相手だと思っていた。

2人ともあっさり一緒に家づくりをしたい人が見つかるとは思っていなかったし、まだまだ時間があるので、もっと色んな人にあって、検討を重ねたほうがいいのではという気持ちも少しあったので迷っていた。

しかし、この仕事には信頼関係こそが一番重要な要素となることが私たち2人とも分かっていた。

そして、私たちは原田さんに家づくりのパートナーとなってもらうようお願いをした。


関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://miyamanosato.blog.fc2.com/tb.php/10-c4858e91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ハルガダ旅行 その1 «  | BLOG TOP |  » 誰といえを建てよう ~依頼先探し1~

プロフィール

issy-family

Author:issy-family
たそがれの国際協力人イッシー
ワクワク作業療法士のみほ
歌と踊りが大好きな長女うみ
いつもニコニコ長男そうた
の4人家族ですヨロシク

最近のブログ+コメント

最新トラックバック

アクセスカウンター

カテゴリ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

月別アーカイブ

06  04  03  02  11  10  09  08  07  04  03  02  01  12  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR