topimage

2017-08

長野県野外保育連盟秋の研究会 その1 - 2012.10.13 Sat

長野県野外保育連盟の秋の研究会が、森のいえぽっちがいつも活動を行っている富士見町の森を会場に開催されました。今回は、野外保育に子供を通わせている保護者たちも交流の機会を持とうということで、ぽっちの保護者たちも都合のつく限り参加しました。

PA131646.jpg
朝10時前、長野県内の森のようちえんの保育者や保護者の方たちがぽっちの森に集合しました。

PA131649.jpg
10時過ぎ、ぽっちの先生の進行で研究会がスタート。

午前中は「自然物のリスクマネジメント」というテーマでぽっちの森を散策しながら、高山植物研究家の名取陽先生のお話を聞きました。

PA131652.jpg PA131654.jpg
少し前から、ぽっちの森の入り口付近にかわいい紫色の花が咲いているなぁ何の花だろうなぁと思っていたら、名取先生がお話をしてくださいました。左の写真に写っている花のかたちに注目するとなるほど、鳥の頭(=かぶと)のような形をしています。大昔、人々は矢じりの先にこの植物の根っこについているいもの部分をすりつぶしたものを塗りつけて狩猟に出かけたといわれます。これはトリカブトの花でした。

PA131656.jpg PA131657.jpg
きのこも生えていました。これはハナイグチ、長野県ではジゴボウと呼ばれて人気のあるきのこだそうです。カラマツがその周辺に生えていることがジゴボウの生息する条件だということでした。なるほど周囲を見回すと、確かに見えるところにまっすぐにすらっと伸びた幹が特徴のカラマツが生えています。

PA131666.jpg PA131665.jpg
ぽっちの森はなかなかに良い森のようで、リンドウやトウヤクリンドウが自生しているのが見られます。

PA131669.jpg PA131671.jpg
写真左はウルシ、右はタラです。葉っぱだけを見るととても似ています。見分け方はタラにはとげがあるということだそうです。

PA131675.jpg
散策の途中、開けたところから遠く南アルプスが見えました。南アルプスの山系の歴史は二億年、八ヶ岳側は10万年といわれ、その植物の生態系などははっきりと違っているそうです。

PA131677.jpg
一緒に散策していた小学生チーム、Yちゃんとうみが散策の途中で面白い葉っぱを見つけ先生に質問していました。これはコナラの葉っぱに作られたマルタマバチの「虫こぶ」だそうです。虫こぶというのも初めて聞く名前ですが、いろいろな虫が植物の葉っぱや木の幹にこぶを作っているそうで、本も出ていました。

PA131682.jpg
この森は自生ではなく植林された森だというお話でした。そこで育っている木を見ればわかるのだそうです。同じ頃に植えた同じ種類の木でも一度人の手が入った森の場合は、人がきちんと枝打ちなどをして管理してあげないと成長に差が出てしまうということです。確かに中に、細い弱々しい木が見られます。自然の森は、いろいろな植物の「調和」が見て取れるのだということでした。

森をフィールドにして育っている子供たち。子供たちの能力を信じて大人が変に手を加えることをせず、子供たち自身でヒトを含めた環境との「調和」を経験することが、野外保育の醍醐味なのかなと感じました。学びの多い散策の時間となりました。


原小学校 マラソン記録会 - 2012.11.13 Tue

今日は午前中うみの通う原小学校のマラソン記録会が行われました。うみの学年は9時50分がスタートだったので、いつもより早めにそうたをぽっちに送ってから小学校に応援に出かけました。ぎりぎりセーフで到着すると、すでに沢山の応援の保護者の方が集まっていました。

PB132515.jpg PB132516.jpg
スタートの合図でまずは校庭を一周、それから校外のコースへと進みます。先頭の児童たちの速いこと!先頭集団からは随分と遅れて、うみもやってきました。がんばれ~。

PB132522.jpg PB132530.jpg
3年生は1.8kmの距離を走ります。先頭の児童たちはあっという間に戻ってきました。普段から野球やサッカーなどスポーツをやっている子供たちが目立ちます。そのうちうみも戻ってきました。あと少し!!

PB132532.jpg PB132533.jpg
最後にまた校庭を一周してからゴールでした。うみはゴールの位置がわからず、少し手前で一度立ち止まったりしていましたが、何とか56位で無事にゴール。頑張って最後まで走りきりました。

寒い中みんなお疲れ様でした。よく頑張ったね。


野外保育森のいえぽっち 冬支度 - 2012.11.23 Fri

先週末行われる予定だったけれど天候不良のため延期になっていた森のいえぽっちの冬支度、今朝も小雨は降っていたけれど9時過ぎに日が照り始めたので、10時ごろからぼちぼちと作業を開始することになった。

10時過ぎに集合したあと、ママたちは薪用の丸太を保管場所まで軽トラや車で取りにいく作業、パパたちはパオを建てる作業に分かれた。

PB232733.jpg
今回のパオ建てを教えてくれるIさんの指示の下、インパクトドライバを使って骨組みがくみ上げられてゆく。その間、ママたちは二往復して丸太を運んできた。

PB232734.jpg
ぽっちの子供たちは、いつものように子供たちだけで楽しそうに遊んでいる。

PB232737.jpg PB232736.jpg
当初は3名のパパが斧で薪割りをする予定だったが、あまりの丸太の多さに薪割り機を持っているお宅が急遽薪割り機を持ってきてくれた。おかげで一気に作業は加速した。子供たちも薪運びのお手伝い。割った薪を軽トラで移動し水場のそばまで移動した。

PB232740.jpg PB232738.jpg
水場の屋根のかかる所に薪を積み上げていった。ここでも子供たちが積極的に手伝ってくれた。

PB232742.jpg
残りの薪も屋根のあるところに積み上げた。運んできた丸太を見たときには、今日中に割り終えることは到底無理だろうと思っていたのに、なんとこれだけの量を2時間半ほどで割ってしまった。ぽっちのみんなの力はすごい!!

PB232739.jpg PB232743.jpg
パオ建ては、骨組みを作り終わると続いてビニールハウス用のビニールで覆っていった。一番上の部分を残し、夕方4時過ぎに本日の作業はひとまず終了。続きは明日行うことになった。

作業中雨こそ強く降ることはなかったが、気温はどんどんと下がっていっており身体が芯まで冷え、寒さで筋肉が固まってしまっていたので、久しぶりにもみの湯に出かけた。随分と楽になったが、それでも癒せない疲れは睡眠で取ってしまおう。今日はいつもよりも早く眠れそうだ。疲れを取って明日も作業を頑張ろう。


野外保育森のいえぽっち にじみ絵 - 2012.11.29 Thu

先日のぽっちの活動で、にじみ絵というのをやったそうだ。朝から先生たちが子供たちが集まるまでの間に、子供たちの絵の下に敷くための波々のボードをカッターでカットしたり、という準備をされているのは見ていたが「ニジミエ」と聞いたときにはいったい何のことだかわからず「虹見え??」などと頭の中で漢字変換していた。シュタイナー教育に詳しいお母さんなどにはとても馴染みのある活動だそうだ。

PB282843.jpg
お迎えにいくと、連絡ボードに子供たちが楽しんだ「にじみ絵」について書かれてあった。使うのはぬれた画用紙と赤青黄の三原色の絵の具のみということだ。

PB282844.jpg
テーブルの上に、子供たちの作品が広げられていた。使うものは一緒でも出来上がるものは本当に様々だから面白い。

PB282845.jpg
それぞれお母さんに自分の作品を紹介してくれた。

PB282848.jpg
そうたの作品はこちら。虹を書いたそうだ。

自分の描いた点や線が、自分の想像もつかない方向にまでじわじわと広がっていくにじみ絵。きっちりとした線で描く絵とはまた違ういろいろなことを感じることができそうな活動だ。もしかすると、大人もはまってしまう活動かもしれない。そのうち、子供たちと我が家でやるのもいいな。


長野県エースドッジボール大会 - 2012.12.02 Sun

うみたち原小学校の3年生は今年、エースドッジボールという競技に取り組んできた。その大会が12月2日朝から、岡谷市にあるスワンドームで開催されたのでうみを連れてでかけてきた。

PC022926.jpg PC022928.jpg
本大会には、小学校三年生から六年生、そして大人の全30チーム800名ほどが集まった。

PC022938.jpg PC022947.jpg
会場はスワンドームとそのとなりの東体育館の二ヶ所で、応援席は観客で結構埋まっていた。

PC022929.jpg PC022930.jpg
大会の常連と思われるチームは横断幕なども準備。応援グッズなどを用意しているチームもあった。

PC023030.jpg
エースドッジボールというのは長野県岡谷市発祥のスポーツで、ドッジボールをベースにいくつかのルールを追加・変更したものだそうだ。

PC022958.jpg
選手16名と補欠2名はそれぞれ1~18の番号のついたビブスを来て競技に参加する。エース(A)から10番までの選手が内野、11番から16番までが外野だ。

PC022959.jpg
エース同士のトスボールで試合が開始。

PC023007.jpg PC022991.jpg
基本的には、エースにボールを当てられないように内野みんなでエースを守る。エースが当たってしまった場合、一度目は黒いしるしをビブスにつける。二度目にあたってしまうとエースは退場となりそこで1セットが終了。

エースをアウトにするほか、今回の試合では3年生の場合は6分経過した時点で1セットが終了する。この時点でエースに黒いしるしがついていない方がそのセットを取ることになる。そこも同点の場合は残っている内野の人数で決まる。

というようなルールを、大会観戦に出かける前に知っていればもっともっと盛り上がっただろうなぁ…と思うけれど、わからなくても応援するたびに熱くなってしまうスポーツだった。

PC022983.jpg
うみも16番のビブスをつけて全試合参加。よく頑張りました。

PC022966.jpg
原小の3年生は1組も2組も1賞1敗だったけれど、1組の試合内容が3セット目まで行っても決着がつかずサドンデス、というところまで行ったということを評価されて1組は準優勝、2組は3位という結果だった。

PC023038.jpg
試合の終わった東体育館の床を率先してモップ掛けする原小の子供たち。子供たちは競ってモップをとり合って掃除をしていた。

PC023041.jpg
「準優勝」という言葉に盛り上がった子供たちのうち都合のつく子は、全試合が終了してから行われる閉会式に参加した。我が家も「閉会式に出たい!」といううみの希望で最後まで残ることになった。

PC023042.jpg
3年1組の代表2名が、賞状と盾を受け取りに表彰台へ。

全学年の表彰が済み、閉会式は終了となった。今まで海外の学校で行われていない種類のアクティビティでうみにとっては、あまり経験のないことだったが楽しい一日になったようでよかった。

PC022922.jpg
応援に行っただけにもかかわらず、この足元のスリッパのおかげでミョ~に周囲からの注目を浴びていた、我が家の息子そうた。家には普通のスリッパがあるのに、スポーツの大会に来るのにこれはありえないと思うんですけど~。毎回いろいろな話題提供をどうもありがとう。

さて、また新しい週が始まる。先週は体調を崩して外の作業がまったく進んでいないので、今週は何か出来るといいなと思う。


野外保育森のいえぽっち パオの中 - 2012.12.05 Wed

朝の寒さが厳しくなってきたけれど、ぽっちの子供たちは元気いっぱい。12月の初めに、ぽっちの冬支度でみんなで協力して作ったパオはとても暖かく、ぽっちの子供たちの安らぎの場所になっているようです。

PC053092.jpg
朝、ぽっちの森に到着するとまずはパオの中に入り、シートを出してリュックを置きます。この日のそうたは、うみのお下がりの毛糸の帽子をかぶって登園。かわいいと褒めてもらって大喜びでした。

PC053091.jpg
パオの中にはテーブルが運び込まれ、朝の自由遊びの時間には子供たちがおままごとの道具を持ってきて遊びが始まっていました。

PC053093.jpg
土は外から取ってきて、暖かいパオの中でお料理。とってもたのしそう。

PC043072.jpg
そんなパオの中に運び込まれていた別のものが二つ。1つは火鉢で、これからもっと寒くなったときに火を起こし、アミの上にアルミ製のお弁当箱やアルミホイルに包んできたお弁当たちを置いて温めておくのに使うそうです。

PC043074.jpg
もう1つは、周囲は木で出来た箱のようなもの。いったいどんな風に活躍してくれるのか、これからの出番が楽しみです。

どんな気候の中だろうと子供たちが楽しく遊べるようにといろいろな準備、配慮をしてくれるぽっちの先生たち。本当にありがたいです。子供たちには冬の寒さにも負けず、いろいろな経験をしてほしいと思います。


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

issy-family

Author:issy-family
たそがれの国際協力人イッシー
ワクワク作業療法士のみほ
歌と踊りが大好きな長女うみ
いつもニコニコ長男そうた
の4人家族ですヨロシク

最近のブログ+コメント

最新トラックバック

アクセスカウンター

カテゴリ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

月別アーカイブ

08  07  06  04  03  02  11  10  09  08  07  04  03  02  01  12  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR