topimage

2017-04

ガレージ基礎工事 その1 - 2012.07.15 Sun

家の中で薪ストーブが設置されていたその日、なんと外では並行して、イッシーズドリームのガレージの基礎工事が開始されていた。朝の9時から位置などの最終確認を行い、そのまま工事が始まった。

P7148196.jpg
まずは人力と機械の協力で緑のテントを移動させた。それにしてもショベルカーの便利で万能なその能力は本当に魅力的で、思わず小さなショベルカー「ユンボ」が欲しくなってしまった。中古なら我が家にも手が出る値段だけれど、置き場が困る、などと具体的に脳内で検討してしまった。

P7148202.jpg
位置を出してから、地面を掘る作業に入った。プロ集団の職人さんたちはとても作業が速くて的確だ。

P7148209.jpg
不要な土は脇によけながら作業が進んでゆく。

P7148218.jpg
基礎が作られる位置は深めに掘っている。

P7148228.jpg
掘る作業が終了すると、大きなダンプトラックでリサイクル材の砕石が運ばれてきた。

P7148246.jpg
砕石を深く掘った溝の部分に敷き詰めてゆく。

P7148252.jpg
敷き終わるとしっかりと固め、その上に捨コンクリートのための木枠を固定してゆく。

P7148255.jpg
少し席を外していたら、いつの間にか捨コンクリートが打たれていた。本当に作業が早い。この日のガレージの基礎工事はここまでで終了し、次の作業は祭日の月曜日だ。

P7148207.jpg
我が家の電源は地下埋設されたケーブルで家の中に引きこまれているのだけれど、この水が豊富な土地の特性とケーブル埋設時に何らかの不具合があり、雨が降ると少量ではあるけれど、水がケーブルをつたって基礎に入ってくるようになってしまったので、その対策を取ることになった。

まずはケーブルの埋設されているところを神業のショベルカーで掘り起し、地下埋設された電源ケーブルと集水パイプをあらわにした。

作業は、この電源ケーブルが集水パイプの下を通っていたのでパイプの上を通すこと、パイプを切断してそれぞれの切断面をシリコングリースで埋めてしまうこと、切断部分周辺は上からの水を避けるようにパイプを上からかぶせること、が基礎への水侵入の対策として行われた。

P7148247.jpg
対策後の様子。あとは集水パイプをケーブルのパイプの下に来るように付け直して埋め戻せば取りあえず作業は完了だ。これで、問題が無事解決してくれればいいのだけれど。


ガレージ基礎工事 その2 - 2012.07.17 Tue

職人さんたちには大変申し訳ないことに祝日にもかかわらず、連休最終日にはガレージの基礎工事が行われた。朝8時前に外を眺めるとすでに作業がかなり進んでいた。いったい何時ごろから仕事を開始したのだろう。

P7168358.jpg
前回の作業で流した捨コンクリートもきちんと固まり、コンクリートの上には次の作業、基礎の立ち上げ部分の目安とするためのラインと思われるものが引かれた。

P7168359.jpg
これも基礎の型枠を組むための金属のパイプがトラックで運ばれてきた。他にも工事に必要なギリギリの分量の鉄筋や型枠ボード、固定の針金など工事の道具が続々到着してきた。

P7168361.jpg
捨コンの上に引いたラインの外側のラインに合わせてボードを設置し、そこに金具を通してゆく。

P7168367.jpg
鉄筋を加工する機械を使って、直角に曲げてゆく。角度を設定できるようだが、残念ながらあんまり精度がでていないため、結局最後は職人さんの経験で手直しをしていた。

ちなみにエジプトにおいては、鉄筋は手作業で叩いて曲げられていくのだけれど、新品の鉄筋が使われない現場もあり、明らかに金属疲労が蓄積されるであろう職人によるたたき直しなどの工程を経て再利用されている場面を見ることがあった。そして、日本の鉄筋と違い筋も入っていないつるっとした表面のものも多く利用されていて、所変われば建築、建材に求める強度も違い、とても興味深いことだけれど、いざ仕上がってしまうと見えなくなる部分だけに厳しめの基準のほうが望ましいと思う。

P7168419.jpg
曲げた鉄筋は四隅に、それ以外にも必要な鉄筋がどんどんと金具にかけられ、また捨コンに打ち付けられてゆく。そうこうしているうちにあまりにもぎりぎりで鉄筋が準備されていたため、足りなくなりそうで、それもこれも我が家の予算のなさの影響だと思われ、職人さんたちには苦労をかけてしまった。

P7168418.jpg
そしてさらに、捨コンに付けた線の一番内側のラインに合わせて板を固定してゆく。

P7168454.jpg
トラックで運ばれてきた金属のパイプを板の外側に固定。

P7168455.jpg
以上でこの日の作業は終了した。次回はいよいよコンクリートミキサー車が来て基礎の型枠にコンクリートが流されることになるようだ。

我が家の基礎工事が行われる頃、私たちはエジプトのカイロにいて基礎工事の過程を目にすることが出来なかったので、家に比べるとだいぶ小規模だけれど、今ようやく自分のオーダーしている建物の基礎工事を見ることができている。

一つ一つの作業に合理的な理由があり、見ていて本当に楽しい。邪魔になるとは思いつつも近くで写真を撮ったり見学をしたりしていると、職人さんたちもいろいろと話をしてくれてとても勉強になる。今回は家のときより更に自分たちで関わる作業を増やす予定でもあるし、これからも出来る限り工事の過程を楽しみたい。

それにしても職人さんたち、祝日でかつとても暑い中の作業ご苦労様でした。


ガレージ基礎工事 その3 - 2012.07.20 Fri

今日は朝から雨がパラついたりやんだりしていたけれど、お昼前からは原村は土砂降りとなった。道路にも水があふれ、低くなっているところには水が溜まっていた。これほどのまとまった雨はめったにないことなので、雨の中我が家の敷地内の水の流れ方を調べた。今まさに、庭や外溝について考えているところなので、大変有効な機会となった。

今日紹介するのは、連休明けの基礎工事3日目の様子だ。この日はいよいよコンクリートを流し込む作業に入った。

P7178492.jpg P7178493.jpg
朝早くから、コンクリートミキサー車がやってきた。

P7178494.jpg
ミキサー車からのコンクリートをショベルカーで受ける。きっちりと一杯分ずつ入れられる。

P7178495.jpg
コンクリートを板で受けながら、木枠の中に入れてゆく。

P7178496.jpg
隙間に流し込んだコンクリートにコンクリートバイブレータという機械を使って振動を与え、きっちりと隙間なく敷き詰めてゆく。

P7178510.jpg
こうして無事、コンクリートがすべて流し込まれた。

P7178511.jpg
こうして3日目の作業が終了した。ガレージが出来上がると、この方向からは家があんまり見えなくなってしまい、我が家の眺めがずいぶんと変わってしまうのだなぁ。今のうちに思い切り堪能しておかなくては。

ガレージの基礎の奥に写っている我が家の敷地に昔からある木のうち唯一残っていたミズキだが、我が家の植林でお世話になった八ヶ岳山野草園まで出かけて、どう判断すべきか相談に乗ってもらってきた。ミズキの現状を伝えると、死んでしまっているとは断定できないということだ。一方で再生をさせるのにも長い時間が必要そうだ。可能性が少しでもあるのなら、賭けてみたい。この時期は木々も暑さで結構弱っているので、何か手助けをするにしても少し涼しくなってからにした方がいいそうだ。

庭のこと、外溝のこと、まだまだやることはいろいろとあるようだ。少しずつ知識を増やし、自分たちの土地のことを知って快適な家づくりを進めてゆきたい。


ガレージ基礎工事 その4 - 2012.07.21 Sat

先週の半ば、コンクリートを流し込んだ次の日には、木枠などが取り外されて基礎工事の次の工程に入った。

P7188513.jpg
まずは、取り外した鉄パイプなどの道具を回収していた。

P7188514.jpg
その後我が家の基礎工事で主に作業をしてくれている職人さん2人が、次の作業を開始。

P7188515.jpg
コンクリの立ち上がった部分に鉄筋を差してゆく。

P7188516.jpg
横方向の鉄筋を渡し終わり、今度は縦方向の鉄筋を渡してゆく。

P7188517.jpg
鉄筋が均等に配置されているか、メジャーをあてて確認。

P7188518.jpg
縦横の鉄筋をすべて渡し終わり、この日の作業は終了。次はまたミキサー車が来てこの土間の部分にコンクリートが流し込まれる。

週末第一日目の深山の里はお昼前から雨が落ち始め、午後はほとんどずっと雨が降り続いていた。気温も上がらなかったので、薪ストーブの2度目の慣らし運転を行うことにした。

P7218572.jpg
かつてアフリカのマラウイ共和国で2年半暖炉のある生活をしてきたイッシーが、あっという間に火をつけてくれた。経験が生きてる~。

雨の降った一日は外仕事ができない。子供たちとゆっくり話し、遊ぶ、貴重な休養日となった。


ガレージ基礎工事 その5+映画鑑賞in松本 - 2012.07.25 Wed

今日はうみの学校の終業式、いよいよ明日からは夏休みだ。本日のブログは、少し時間が経ってしまったが、ほぼ一週間前に行われたガレージの基礎工事5日目の様子と、今日まさに子供たちと観に行った映画について紹介する。

P7198531.jpg
朝うみを学校の通学路の途中まで送って戻ってくると、間もなくしてミキサー車がやってきた。ごたぶんにもれず働く車が大好きなそうたは慌ただしい現場に興味津々、そのままその場を離れようとしない。

P7198534.jpg
基礎の立ち上げ部分の工事の時と同様にミキサー車からのコンクリートをショベルカーで受け取りそれを基礎に流し込んでゆく。2名の職人さんがそれぞれ流されたコンクリートを均すための道具を手にして待機している。

P7198535.jpg P7198536.jpg
流し込まれたコンクリートを手際よく均してゆく。とてもではないが、素人がいきなりこの作業をやってもこれほど平にコンクリートを均すことはできないだろう。熟練の職人さんにより、この作業がひたすらつづけられた。つくづく、基礎関連の作業は素人には荷が重いことを知ることができただけでも、間近で工事をみた意義は大きい。

P7198547.jpg
そうして、水はけをよくするために微妙に傾斜がつけてある、表面がテカテカ輝いているとてもきれいな土間が出来上がった。あとはコンクリートが乾けばガレージの基礎は完成だ。

P7258828.jpg
今日はうみの学校終業式、うみを迎えに行ってからそのまま映画を観に松本まで出かけてきた。子供たちのお目当ては、昨年の夏も観に行ったポケットモンスターの続編のような感じの新作映画だ。

今回、映画を観にに行ったのは、南松本にあるシネマライツという映画館。この映画の前売り券を購入すると、任天堂DSのゲームの中で使える特別なポケモンキャラクター「ケルディオ」が貰えるという特典があり、映画もさることながら、子供たちはゲームのキャラクターが貰えるのを楽しみにしている。

私たちが遠路はるばる松本まできたのは、映画館の駐車場をはさんで同じ敷地内に「ケルディオ」を受け取ることのできるイトーヨーカドーがあるためなのだ。みほは連日の作業ので疲れが溜まっていて、映画が始まってしばらくうつらうつらしていたけれど、子供たちはテンポよく進むポケモンのキャラクター「ケルディオ」の成長のストーリーにひきこまれ、終始楽しんでいた。

P7258830.jpg
松本からの帰り道に、子供たちが大好きなBigBoyというハンバーグレストランがあったので寄って帰った。ちょうど夕食時の混雑が始まる時間帯で、店員さんたちはいっぱいいっぱいな感じだったけれど、子供たちは食事と、BigBoyのキャラクター「ボビー」との記念撮影を楽しんだ。帰路、子供たちは大満足で眠りについた。

いよいよ夏休みが始まる。大人たちにはガレージ作りが待っている。果たしてどうなることやら、今からわくわくする。


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

issy-family

Author:issy-family
たそがれの国際協力人イッシー
ワクワク作業療法士のみほ
歌と踊りが大好きな長女うみ
いつもニコニコ長男そうた
の4人家族ですヨロシク

最近のブログ+コメント

最新トラックバック

アクセスカウンター

カテゴリ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

月別アーカイブ

04  03  02  11  10  09  08  07  04  03  02  01  12  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR