topimage

2017-10

我が家の木たち 前庭編 - 2012.05.17 Thu

朝9時前に、デッキ材の残りの枚数がすべて届けられた。思いがけず早い到着で、予想をしていなかったので今日のところは塗装などはお休み。他の仕事をいろいろとやる予定だ。

P5176351.jpg
仮止めを済ませたデッキの上に並べられたデッキ材。天候を見て塗装をするから待っててね。

我が家に昨日やってきた木々。せっかくなので紹介していきたい。

P5176345.jpg
我が家の玄関ポーチに向かうアプローチの入口で迎えてくれるのが、福島県二本松市岳温泉から来たペットボトルひまわりたちとカツラの木だ。入口に1本、見映えのする木を植えたいという希望を伝えて薦められたのがカツラだった。

P5176346.jpg
アプローチの途中に植えられたのが、アオダモその1。お店を訪れた時現物はなかったけれど、イッシーが前々から植えたいと考えていた木で、今回は全部で4本探してきてもらった。

P5176347.jpg
アプローチの分岐点の中央にもアオダモが1本植えられた。株立ちした格好いい木をという希望でこの木が選ばれた。

P5176348.jpg
家の東側の壁と平行にアオダモからスタートして4本の木が立てられた。2本目はカツラの木。なかなか背の高い立派な木だ。

P5176349.jpg
3本目のアオダモが植えられた。

P5176350.jpg
デッキに一番近い側にはマルバノキが植えられた。これも秋になると紅葉を楽しむことが出来るそうだ。

P5176374.jpg
玄関ポーチに向かうアプローチのポーチに近い側にはオトコヨウゾメという木が植えられた。初めて聞く名前の木だったが、白い花と、赤い実、そして秋には紅葉を楽しめるということで1本植えてみることにしたのだった。

P5176375.jpg
オトコヨウゾメのアップ写真。確かにこれから白い花が咲きそうなつぼみのようなものが見られる。

前庭の方の土は、少し乾きやすいようなので土が乾いたら大量の水をあげるようにというアドバイスを受けた。すべての木が、新しい我が家の土地でしっかりと元気に根付いてくれるといいなと思う。


我が家の木たち 南側編 - 2012.05.18 Fri

南側に植えられた木たちを紹介する。

P5176352.jpg P5176353.jpg
一番東側に植えられたのはヤマボウシ・サトミという花がハナミズキに似た木だ。ハナミズキは残念ながら我が家の標高ではうまく育たないらしく、その代わりとして薦めてくれたものだ。葉っぱの形が丸っこくてかわいい感じだ。

P5176354.jpg P5176355.jpg
その隣はナナカマド。この木も紅葉を楽しむことが出来る。

P5176356.jpg
掃出し窓の正面近くには、大きめのウリハダカエデを植えてもらった。将来的には枝を広げて、デッキ部分に居心地良い木陰を作ってるれないかなと期待している。

P5176357.jpg
こちらには4本目のアオダモ。

P5176358.jpg P5176359.jpg
ツリバナは、ぶら下がったような形の赤い実が付く木だという。秋にはその実がたくさんつくのだろうか。今はまだ、緑の堅そうな丸い粒がところどころについているのが見えるのみだ。

P5176360.jpg
南側の角にはコナラの木が植えられた。

窓から、あるいはデッキから紅葉を楽しめる木々の配置と合わせて、林の中のようにしたい、という希望を伝えたので、なるべく自然な感じに、1列に並んだ感じにならないように木々を配置してくれたようだ。南側の、特にデッキ前に関してはほぼこれで十分だと思えるだけの木が植わっているように思う。うまく成長していってほしい。


我が家の木たち 後庭編 - 2012.05.19 Sat

からっと晴れた好天の中、標高1200mの高原も一足早い夏が来たのかと思わせられるようなとても暑い一日になった。イッシーは朝からチェーンソーで玉切り、みほは新たにやってきたデッキ材の塗装にかかったが、暑すぎて作業はいつもほどはかどらない。

午後になって作業を行っている場所に少しずつ影が出来始めてようやくそれなりに作業に専念することが出来るようになった。

今日も我が家の庭の木たちを紹介する。
P5176362.jpg P5176363.jpg
南西の角から、カツラ、そしてブナが植えられた。

P5176364.jpg P5176365.jpg
和室の窓から見えるいい位置に、イロハモミジを植えてもらった。枝振りがよく、秋に黄色、オレンジ、赤と変化していくグラデーションの紅葉を見せてくれるのが今からとても楽しみ。

P5176370.jpg P5176372.jpg
浄化槽の両脇にジューンベリーとコナラが植えられた。浄化槽の下の平地に家庭菜園を作る予定なので、実が出来るジューンベリーは、この付近に植えてほしいとお願いをした。

P5176366.jpg P5176367.jpg
浄化槽から玄関に続く法面にはコナラが2本植えられた。

P5176368.jpg P5176373.jpg
北西の角にはブナが植えられた。山桜は将来子供部屋の窓から見えるような位置に植えてもらうことにした。キレイな花を部屋から見られるようになればいいなと思っている。

我が家が今回植樹してもらったのは以上の22本である。まだ寂しい部分もあるので、もう何本か増やすことを考えている。

午後、家の周りを飛ぶスズメバチが気になって上を見上げたら、東側の軒天の板の部分に本当にごく小さいものだけれど、蜂の巣らしきものを発見してしまった。さっそくご近所の物知りIさんのお宅に相談すると、Iさん宅もまさに蜂の巣を処理中だったらしく、高いところにも殺虫剤を撒けるような道具を作っていてそれを片手にさっそく見に来てくれた。Iさんが殺虫剤で蜂を追い払ってくれたところで、2階の大窓を掃除するために買っておいた長い窓掃除道具を使ってイッシーが蜂の巣を落とした。



P5196392.jpg
他にも巣が作られていないか確認したところ、南側のよりによって一番高い軒天にも蜂の巣を発見。なにせ大屋根のほぼ頂点にあたる部分なのでとても高い。脚立と4m以上伸びる窓ふきの道具でようやく巣を落とすことが出来た。こちらはちょうど女王蜂が留守にしていて、殺虫剤なしで巣を取り除くことが出来たのは幸いである。

この後少しして、巣の主らしい女王蜂が戻ってきて巣を探している様子だった。我が家にも殺虫剤を準備しておかなくては、と早速イッシーとそうたで買いに出かけてきた。写真は取り除いた蜂の巣。小さい方が1.5cmぐらい、大きな方が3cmぐらいあっただろうか。中には卵の白い粒があった。

東と南側に蜂は巣を作りがちというアドバイスをいただいたのでこれから東と南の軒天を重点的にみまわるのを日課にしなければいけないなと思った。

P5196393.jpg
なかなか気に入る家具に出会えていないので、我が家にはほとんど家具がない。これではいけないということで、とりあえず家を建てた時に残った材木を組み合わせてテレビ台らしきものを置いてみることにした。丁寧に高さなどをそろえたわけではないし、台と脚を固定していないので、大変危険な代ものだけれど、感じとしては我が家の雰囲気にとても似合っている。

そんな必要最低限といえるような家具もない我が家にいよいよ我が家の子供部屋のベッドがこの週末に出来る予定である。作ってくれるのは、我が家が福島県の岳温泉で暮らしていた時代の大家さん。材料を持ってご夫妻で我が家に遊びに来てくれることになっている。楽しみだ。


ガーデンセンター中山園訪問 - 2012.06.07 Thu

朝から快晴のこの日も、我が家の庭に植える木たちを求めてドライブを予定していた。前日に訪問した白州花壇と同様、こちらもご近所さんが木や花を購入したことのある場所として教えてくれたところで、北杜市にあるという中山園というところだ。ぽっちにそうたを送ったその足で向かうことにした。

P6077004.jpg P6077003.jpg
ぽっちは週に一度のぽっちランチの日。お釜で炊いたご飯と、具だくさん味噌汁が今日の献立だ。釜で炊いたご飯、どれほどおいしいのだろうか。一度いただいてみたいものだ。子供たち、安全包丁を手にお昼の準備のお手伝い。最年長のそうたはといえば、棒を片手に戦いごっこに行ってしまった。

P6077010.jpg P6077007.jpg
目的の中山園は、国道17号線沿いから細い道を入ったところにあった。大きな看板が目立っていたので、迷うことなく到着できた。中山園さんのお宅は立派な藁葺の屋根の古民家だった。こんなに近くで見たのは初めてだ。広い敷地にたくさんの木々があって、見て回るだけで結構な時間がかかる。大きな木々を見て回った後は、まだ比較的小さめの植木を見せてもらった。

P6077008.jpg
そんなたくさんの鉢植えの中にぽつりと、目指していた葉っぱの形を発見。半ばあきらめていたサトウカエデが見つかった。とはいえ、一番育っている枝の部分は枯れて、その脇から新しい芽が出てきているモノだった。枯れている枝をはさみで掃い、これでよければと安く譲ってくれることになった。ダメもとで購入を決めた。

P6077011.jpg P6077025.jpg
ということで、我が家にやってきたサトウカエデの木(写真左)。うみの学校が終わってから、今度は我が家がお世話になった八ヶ岳山野草園まで足を延ばし、植木を見てきた。うみの希望でブルーベリーの苗を一本購入してきた(写真右)。

この週末に、家族一人一人が選んだ木を自分たちで植えたいと考えている。お天気に、そして素敵な木に恵まれるといいな。みほとそうたの木、何にしようかな。


家族の木植樹 - 2012.06.09 Sat

朝からあいにくの雨だったけれど、小雨だったので合羽を着て作業を開始。

P6097036.jpg
さすがに雑草が目立ってきたため、購入した刈払機を本格始動!みほがメインで使うからとみほが選んだHONDAの刈払機だったけれど、まずは初回はイッシーがやってくれることになった。以前にご近所さんの刈払機を借りて作業をした経験があるだけに、作業がスムーズ。

この刈払機は4サイクルエンジンを搭載していることもあり、振動が少なく、騒音も静かで、なによりそんなに回転数を上げて使わなくていいので、エンジン刈払機といってもかなりマイルドな使い心地だ。

P6097056.jpg
雨が一時的に上がったので、家族でそれぞれの選んだ木を植えることにした。植えるための穴を掘るイッシー。この週末も寸暇を惜しんで働いている。

P6097059.jpg P6097072.jpg
まずはうみの選んだブルーベリーを植える。重たいけどがんばって運んで、木の表情を見ながら位置決めも行った。そして、そうたもうみのお手伝い。

P6097076.jpg P6097082.jpg
次はそうたの選んだリンゴの木。こちらはうみがお手伝い。美味しいリンゴの実を頂くためには別のリンゴの木を植える必要があるらしいけれど、今回は「星の金貨」を1本だけ植樹した。

P6097108.jpg
みほはジューンベリーを植樹。八ヶ岳山野草園で購入した木々は、そのまま植えても土に帰る素材で根っこがおおわれていたのでよかったが、白州花壇で購入してきたこの木は、根っこを覆っている袋を外さなければならなかった。根っこがそれにぴったりと張り付いていて、取りにくくて大変だった。何より根っこを切ってしまうことになるので、木にとって悪そうだという印象。無事についてくれるといいけど、こういったところにそれぞれの業者さんの植物に対する姿勢が現れているのが興味深い。

P6097116.jpg P6097123.jpg
ようやく入手したサトウカエデは、他の木に比べるとはるかに小さく、本当に根付くことができるか不安になるほど弱弱しいけれど、我が家のシンボルツリーになるようにアプローチの入り口付近に植えることにした。

P6097140.jpg
雑草に負けてしまわないように、おおきく育ってくれるように願いながら水やりをして、家族4人で臨んだ2012年の植樹は終了。何とか天気が持ってくれてよかった。

この他、敷地で育ててもらっていた数本の木を移動させた。植樹にあたっては念のため緑化基盤材のサニーソイルを使った。自分たちの手で植樹した木々たち、無事に根付いて大きく育って行ってくれることを祈っている。

午後には、小雨が降る中、みほは石運びをして庭のアプローチを9割がた完成させ、イッシーは薪割をした。石運びや薪割にだいぶ身体が慣れてきたようで、数時間やるだけならまったく筋肉痛にならなくなったのがとても嬉しい。


庭の木たち - 2012.06.18 Mon

週末に新たに我が家にやってきた木たちを紹介したい。

P6187497.jpg P6187498.jpg
写真左は小彼岸桜。先日訪れた高遠が小彼岸桜で有名で、結構人気のサクラですという説明を受けて購入を決めた。右は白加賀という品種の梅で、先日山野草園を訪れた際に対応してくれたお姉さんがサービスで付けてくれたものだ。

P6187499.jpg P6187501.jpg
左は大山桜。右はカツラ。カツラは前回にも何本か入れていて、形が気に入っていたので今回山野草園に残っていた2本を買い占めてきた形だ。

P6187503.jpg P6187505.jpg
左のジューンベリーは、子供たちとみほ3人で出かけた折にはあまりにも形がいびつで購入を決めなかったものだけれど、その次に訪れた時には、きちんと植え替えられていて、その形が独特だけれどいい感じに思えてきて結局購入することにした。思った以上にかっこいい気がする。右はもう一本のカツラの木。我が家の他のカツラたちとは少し感じが違うのは、根元の株立ちが際立っているからだろうか。

P6187506.jpg P6187507.jpg
今回もアオダモを2本選んだ。前回のアオダモたちは株立ちのものばかりだったので、それからすると線が細い印象は否めないけれど、アオダモ自体は成長は遅くても大きくなる木のようなのでこれからの成長に期待したい。

P6187508.jpg
写真は朝倉サンショウという木。これまでに我が家が選んできた木の基準が秋の紅葉を楽しめるもの、だったため「一本ぐらいは実用的なモノもいかがですか」ということで、この木もお姉さんがサービスでくださった。取りやすい場所がいいだろうということで、勝手口の近くに植えてくれた。

今回やってきた木たちには何の問題もなかったが、前回我が家にやってきた木たちの一部にはしっかりアブラムシがついているのを発見。ご近所のIさんや山野草園の方のアドバイスにのっとって、ホームセンターでオルトランというスプレーを購入してきた。

P6187513.jpg
夕方少し日差しも和らぎ涼しくなったところで、蜂退治用のスプレー2本と買ってきたばかりのオルトランのスプレーを手に、すべての庭木を調べて回った。

P6187516.jpg P6187512.jpg
カエルはとりあえず良しとして、桜の木などについていたカミキリムシのような虫ははたいて落とした。

P6187514.jpg P6187515.jpg
マルバの木の葉の裏に蜂が止まって動いているのを発見。2メートルほど離れた風上からスプレーを吹きかけて待つと、蜂が巣を離れたので、その隙に巣を確認し、木の棒で落とした。まだ小さな巣だったので助かった。

P6187518.jpg
今日メインで駆除をしたかったのが、写真に写っているアブラムシとアリたち。我が家の庭に植わっているブナとコナラの木の半分ほどにアブラムシたちが生息していた。購入してきたオルトランのスプレーを説明に沿って吹きかけてみた。

また明日、様子を見に行こう。効果があってくれていることを願う。


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

issy-family

Author:issy-family
たそがれの国際協力人イッシー
ワクワク作業療法士のみほ
歌と踊りが大好きな長女うみ
いつもニコニコ長男そうた
の4人家族ですヨロシク

最近のブログ+コメント

最新トラックバック

アクセスカウンター

カテゴリ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

月別アーカイブ

09  08  07  06  04  03  02  11  10  09  08  07  04  03  02  01  12  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR