topimage

2017-04

新居への引越し - 2012.03.31 Sat

2012年3月30日午後9時過ぎ、我が家の愛車ラパンで家族4人そろってしばらくお世話になっていたイッシーの実家を出発し、原村美山の里の新居にはほぼ31日ジャスト、深夜12時時に到着した。道中の車の中で眠っていた子供たちも、新居の変わり具合に大興奮で目が覚めてしまい、しばしの間家の中探検を楽しんだ。

さて、31日を朝を迎え、いよいよ設備や機器の説明を受ける日がやってきた。午後3時ごろより、キッチンなどいろいろな設備を手配してくれたサンリンの方から使い方などの説明を受ける予定である。ここのところ連日取手から原村通いというハードなドライブをこなして、新居の変わり具合を見続けていたみほはともかく、ほぼ完成した新居での初日の朝は前日の就寝時間がかなり遅かったにも関わらず、皆なんだかとても早起きだった。

P3313889.jpg
夕方には洗濯機が搬入されて設置される予定があり、しかも玄関前のポーチのコンクリート敷き作業で玄関が使えないため、まずは何とか洗濯機が通れる場所をリビングに確保しなくてはならない。ということで前もって運び込んでいた109箱の段ボールたちを、大まかに行き先を振り分けて移動させる作業を開始した。

P3313890.jpg P3313892.jpg
玄関ドアの脇には、28日にはついていなかった玄関ポーチ用の照明器具と、迷いに迷った挙句結局設置をすることにしたTVドアホンが取り付けられていた。29日の夜中にみほが荷物を運んできたときにはまだ設置されてなかったので、30日に取りつけられたのだろう。

そして31日の朝にはモニターの位置を確認して取り付けるために電気設備のMさん母子が作業をしてくれた。玄関ポーチの方は、気付かない間にミキサー車が来たようで、写真を撮りに行ったときにはすでにこの日の作業は終了しており、ポーチが玄関ドアのレベルまで上がってきていた。次は月曜日に作業を行うということだ。

P3313895.jpg
我が家のキッチンはウッドワンだが、取り付ける取っ手は工房KOJIという小淵沢のアイアン作家の方にお願いしていた。その取りつけについてホームデザインHARATAの原田さんに相談したところ、早速取り付けることになった。取り付け位置をある程度決定したところに原田さんがいくつかの取っ手を取りつけてくださった。その後、おどおどびくびくしながら自分たちでもやってみることに。

P3313912.jpg P3313920.jpg
まずはみほが、取っ手の取り付け位置を決め、ビスの打ち込む中心になるところに鉛筆でマークをつけてゆく。イッシーがドリルを使う前に、念のためにポンチで溝をつくり、下穴をあけ、インパクトドライバーでビス止めをしていく。この日のためにジョイフル本田の特価品として購入したインパクトドライバーや日曜大工の道具が早速役に立った。

P3313925.jpg P3313930.jpg
いつになく真剣な表情でしるしをつけたとこを睨みつつ作業をしている。自分のインパクトの他に原田さんからもインパクトを借りたのでアタッチメントを取り換えずに作業ができたので、慣れてからはあっという間に作業が終わった。

P3313933.jpg
こつは深く考えすぎず、思い切ってやることと、原田さんに指導してもらい、その上難しいところは原田さんがやってくれたので取っ手がなくて不便だったキッチンが普通に使えるようになった。

早速真新しいキッチンを使って、うみのレシピでイッシーとそうたもお手伝いして、初めての料理を作った。初めての料理は、うみが学校で習ってきた味噌汁だ。手作りの味噌を使っての味噌汁はとてもおいしかった。

P3313961.jpg P3313971.jpg
うみが味噌汁を作る前に、子供たちのためにイケアで購入したおもちゃのキッチンを組み立てた。

P3313973.jpg P3313974.jpg


P3313980.jpg P3313981.jpg


P3313985.jpg P3313986.jpg
食洗機はあるけれど、お手伝いをしたいうみとそうたが2人で仲よく食器洗いをしてくれた。広々として使いやすいキッチンで、これからもいろいろ一緒に作業ができるのがとても楽しみだ。

トラックでお引越し - 2012.04.02 Mon

3月31日の引き渡しに合わせ、家族4人で新居に戻ってきた。東京で働くイッシーは、今朝の5時26分富士見発の新宿行高速バスで、出勤していった。子供たちも眠い目をこすりながらも車で高速バスのバス停までお見送り。バスは予定より30分強遅れて到着したものの、始業時間には余裕で間に合うということが分かり、長野からの通勤にすればよかったかな、と若干後悔のイッシー。

今日紹介するのは、家族で原村に移動する前日の29日の、我が家の引越しの様子だ。大型の家具や家電を持っていないこともあり、トラックを24時間レンタルして自分たちで荷物を運んでしまうことにした。

P3293849.jpg
29日、出勤前イッシーがに2階の部屋に置いてあった段ボールをすべて1階に降ろして行った。天気も良かったので、午後には、いつもは愛車ラパンをとめてある車庫に、この日運ぶ予定の荷物をすべて運び出した。

P3293856.jpg P3293858.jpg
イッシーが少々無理をして、早く仕事から帰ってくれることになったので、店舗に確認の上、19時過ぎにはトラックを受け取りに行った。初のトラックの運転、久しぶりのマニュアル車の運転に若干おっかなびっくりで取手に戻ると、すでにイッシーが帰宅していて、早速トラックへの積み込み作業をしてくれた。みほはその間に腹ごしらえをすます。

めったにお近づきに慣れないトラックが来たのが嬉しかったのか、そうたがみょーなテンションで、イッシーの荷物運びを応援していた。

P3293864.jpg P3293866.jpg
そのうち、そうたも荷物運びを始めた。どれも結構な重さなのだけれど、さすがは男の子、頑張ってたくさん運んでくれた。これからのみほの仕事の大変さを知っているのか、「ママは休んでていいよ」となんともうれしいことを言う。

P3293872.jpg
積み込みもほぼ終わり、段ボールには入らないようなものを助手席に積み込む。荷造りを終えると21時を回っていた。皆に見送られていよいよ出発。

21時を過ぎてからの首都高、中央自動車道は順調、渋滞も皆無で、久々にクラッチを踏む左足のだるさと、バックミラーで後ろを確認できないストレスを除いては快適なドライブだった。子供たちもいないので、途中のSAなどにも全く立ち寄らず、夜中の12時半ごろに美山の里に到着した。

P3303876.jpg
今回運んだ荷物は、うまく積み重ねていくと、4畳半分のシートの上にすっぽりと収まる量だった。リビングの3分の2ほどを荷物が占めている。何とかすべての荷物を家の中に運び込んだことで、ずいぶんとホッとした。

P3303880.jpg P3303883.jpg
この日は、足場が取り外される予定の日で早い時間から作業を始める、ということは聞いていたが、実際のところあまり音などをたてないシートの取り外しなどが始まったのが6時半前後だった。あいさつに出たところ、2名の作業員さんが手際よく足場を外していっていた。

あいさつの後、朝食をとり、もう少し休んでから取手に向けて出発するか少し悩んだが、取手に帰ってから夜の家族での出発までの時間が少しでも確保できた方がありがたいと思い、8時過ぎに帰路に就いた。

昼間はやはり首都高などで混んでいる箇所があり、結局は途中から外環を使って柏ICまで向かった。レンタカーを無事、無傷で返却したのは13時半ごろだった。ここで、本当にほっとしたけれどと同時に疲れがどっと来てしまった。さすがに緊張をしていたようだ。

P3303882.jpg
今回の我が家の引越しの相棒。どうもありがとう。


我が家の外観披露 - 2012.04.03 Tue

今日は、ここ原村もお昼前あたりから天候が荒れ始め、強風、強い雨、そして夜には雷が鳴り始めた。工事現場でのお茶の時間に、大工さんや設備屋さんから雷被害が結構多い地域であることを聞いていたし、実際ご近所でも何軒か被害に遭っているので、雷が近くなるたびに、とてもドキドキした。これまで住んできたところでは、芽生えたことのない感情で、驚いたけれど、これが自分の家を持つということなのかな、と感じた。

今日は4月1日に撮影した、我が家の外観写真を紹介したい。
P4013989.jpg
こちらは勝手口側の様子。現在は大工さんたちがデッキの基礎を組んでくれているところだが、この日はまだ作業に入っていない。基礎が出来ればいよいよ私たちのデッキ作りの始まりだ。かつて悩んだ勝手口のサッシだが、白を選んでよかったなと改めて感じている。

P4013993.jpg
普段はなかなか見ることのない、私道側とは逆側の様子。こちら側にも勝手口側ほどの幅はないが、デッキを付ける予定だ。こちら側のデッキには屋根がかかることになる。

P4013995.jpg
我が家の2階部分は立ち上がりが100cmあるので、結構な腰高に見えるのではないかと危惧していたが、思ったほどではないことにホッとする。

P4014000.jpg
玄関ポーチ周辺の様子。ずいぶんと高いポーチが出来上がっている。向こう側には裏庭へ続く階段を、正面には花壇へと続く階段を…といろいろな想像が膨らむ。

P4014005.jpg
玄関側の様子。それにしてもやはり、玄関ポーチの屋根が何度見ても立派だ。さすがに今日の斜めぶりの雨はしのげないけれど、宅配便さん、留守でもいくらでも荷物を置いて行ってください、って感じだ。

P4014029.jpg
我が家と共に、かろうじて敷地に残すことのできたひょろりとした木が映っている。これからの私たちの課題は、庭造りだ。植樹や花壇づくりを行って、出来ればここを林の一部のようにしたい。

P4014043.jpg
3月29日に、プロの方に清掃を頼んだものの、生活をしているとどうしても埃が気になってくる。ということで早急に掃除機を購入。色々悩んだけれど、最終的にはガンダム好きの我が家に相応しい?という理由で、シャープの掃除機に決めた。

P4014044.jpg
早速イッシーが掃除を開始した。掃除機の機体が金色に輝いている。我が家ではこれをシャアみたいだからという理由で購入したけれど、金色に輝く百式に載っていたのはシャア・アズナブルではないし、と若干の疑問も残る。まぁ、いいのだ。子供たちもシャアみたいといって喜んでいるのだから。これからの活躍に期待したい。

明日は、カイロでお世話になったOさん母子が新居のお客さん第1号として遊びに来てくれることになっていて、子供たちもみほも大興奮している。まだまだ 工事も若干行われているし、荷物もまったく片付いていないけれど、何とかくつろいで楽しんでいってもらいたいなと思う。どんなおもてなしをしようかな?


4月2日、新たな原村生活の始まり - 2012.04.04 Wed

東京での仕事をしているイッシーは、やむを得ず美山の里を離れたけれど、みほと子供たちの新たな原村生活がいよいよ始まった。まずはぼちぼちと荷物の整理、それと並行して生活を快適なものにしていかなくてはならない。

P4024047.jpg P4024050.jpg
イッシーがマラウイでの暮らしの中で買いためた焼き物の人形たちも、ようやく日の目を見る日がやってきた。

P4024056.jpg
シートの上でピクニック気分で食事、というのも悪くはなかったけど、やはりテーブルがある方が快適だということで急遽段ボールでテーブルを作成。アウトドア用のテーブルが届くまでの仮のものだ。うみのアイデアで布をかけたら、いい感じになった。

P4024061.jpg
外では、大工のSくんがデッキの基礎の準備を行っていた。

P4024063.jpg
玄関ポーチには色が付けられていた。足型を付けても困るので、この日も立ち入り禁止だ。

P4024065.jpg
思った以上に色が乗っていて茶色の立派なポーチだ。高さもあるので、躓かないようにしなければ…。

というのが、イッシーが原村から出勤した4月2日の美山の里の様子だ。必要なものを、いろいろと吟味して購入する、という日々が続いている。毎日何かしらの宅配便が届けられ、少しずつ少しずつ、生活が潤ってくる。我が家の家づくりはまだまだ続く。


カーテン選び 経過 - 2012.05.01 Tue

今年のゴールデンウィークは、イッシーもうみもカレンダー通りなのでそれぞれ仕事と学校へ、みほとそうたは注文しておいたうみの自転車用の泥よけを受け取りに松本まで出かけた。先週松本に行った折に松本のカーテン屋さんでお借りしていたカーテンの見本を返す必要もあった。

以前にもブログで少しふれたが、4月の半ば前にアイアン製のカーテンレールを取りつけて以降、茅野にあるカーテン屋さんに見本を借りてきてはレールに吊るし、どんなカーテンがいいのか検討を続けている。正直なところ、カーテン選びでこれほど悩むことになるとは思いもしなかった。お店に並んでいる見本の中から、この辺が間違いなく我が家に合うだろうと一番初めに借りて帰った見本が、実際に家に持ち帰り袋から出してみるとことごとく一瞬でこれは違う、という結論に達したあたりから、簡単にはいかないかもしれないと思い始めてはいたが、これまでに何度もカーテン屋に通い、毎回8枚ほど借りてきては吊るし、を繰り返してきているが、どうにもこれだ、という一枚に出会えないままでいる。

今日も松本に出かける前に、茅野のカーテン屋によってカーテンを借りてきた。私たちの見本の選び方を見て迷走ぶりが分かったのだろうか、これまでで初めていつも担当してくれている女性がカーテンについて具体的に提案してくれた。その数枚と合わせ、今は8枚のカーテンが我が家の大窓にかかっている。

P5025928.jpg

吊るしたのがあたりが暗くなってからだったので、また明日、日の光の中でのカーテンの様子なども見ながら検討していきたいと思う。焦りは禁物だけれど、こちらも一日でも早くカーテン生地を決定してお気に入りのアイアンのレールに吊り下げられたところを見てみたいなぁと思っている。


カーテンがついた - 2012.06.01 Fri

生地を決定するまでにずいぶんと時間をかけた我が家のカーテンがようやく出来上がったという連絡を受けたので早速受け取りに出かけてきた。

P6016850.jpg
今回出来上がってきたのは、1階のアイアンのカーテンレールが取り付けられている窓につけるカーテン4枚だ。1階部分の窓の半分の数だけれど、大きな窓ばかりなので、取り付けた後は一気に雰囲気が変わるに違いない。

とはいえ外が明るいうちは外作業を出来るだけやろうということで、テレビ台の作成に取り掛かった。とりあえずは足の部分に棚板をつける作業が今日のノルマだ。昼過ぎに、にわかに空が暗くなり雨が落ち始め、雷が鳴り出した時は、作業を中断せざるを得ないかと心配したけれど、大雨になることもなく再び日が照り始め作業が続けられたので助かった。前回大工のSさんが来た折に教わった通り、だぼ穴を開けてビスを打つ作業だが、初めてのことで不安もあり細かいところをSさんにメールで教わりながら行った。Sさん、お世話になりました。

テレビ台は、週末にイッシーが天板の加工と取り付けをして完成の予定だ。そうなれば、テレビ周りも一応は落ち着いた感じになるので、ずっとしまっていたWiiをだして、家族でカラオケを再開することも出来る。楽しみだ。

P6016853.jpg
作業がひと段落して、カーテンを取りつけてみた。大窓は少し長すぎるようなので、若干長さの調整が必要だろう。

P6016854.jpg
想像していた通り、この生地の色味だと和室にもしっくりくる。

カーテンの感想を言うならば、強い主張のない控えめなカーテンだということだ。カーテンを取りつけたというのに、その変化にあまり気づかない。周囲が暗くなってから取り付けたから特別そう感じるのだろうか。今度は明るい日の光の下でのカーテンの様子をじっくり見たい。朝が来るのが楽しみだ。残りの1階と2階の窓のカーテンやキッチンのロールスクリーンなどについても、早めに決定したいなぁ。


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

issy-family

Author:issy-family
たそがれの国際協力人イッシー
ワクワク作業療法士のみほ
歌と踊りが大好きな長女うみ
いつもニコニコ長男そうた
の4人家族ですヨロシク

最近のブログ+コメント

最新トラックバック

アクセスカウンター

カテゴリ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

月別アーカイブ

04  03  02  11  10  09  08  07  04  03  02  01  12  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR