topimage

2017-06

初めての建築現場訪問客 - 2011.10.09 Sun

エジプトのカイロに住んでいるため、実際に建築中の家を見に行けない私たちに代わり、以前福島県に住んでいたときにお世話になったD温泉在住の大家さんご夫妻が貴重な休みを使い、信州に10月3日から4日にかけて旅行に行ってくれました。3日は松本観光、4日は原村の美山の里へ建築中の我が家を見に行ってきてくれました。

私たちは不在ですが、家が建ち始めてからの我が家にとっては初めてのお客様となりました。

武田さんと原田さん
おじちゃんは土地勘のない中、詳しい地図を描いて送ったわけでもないのに、私たちの送った写真により見慣れてしまった景色を自力でみつけ、無事に美山の里に到着することができたようです。建築現場にて、ホームデザインHARATAの原田さん、おじちゃん、おばちゃんで記念撮影。

感動の基礎にご対面-1
基礎に入ってご満悦のおじちゃん、基礎の居心地はいかがですか。

胡桃の木の加工-1
胡桃の木を加工している職人さん。いかにも頼りがいのある横顔と太い2の腕です。

原田さん古材風加工中-1 (1)
原田さん自らチェーンソーを手にして古材風加工をしてくれます。

木材表面アップ-1
これが仕上がり!うーんいい感じ、原田さんのセンスが光ります。

八ヶ岳とご対面-1
信州では好天に恵まれて、おじちゃん、おばちゃんにとってよい旅になったようでなによりでした。私たちに代わって建築現場を見に行ってくれてありがとうございました。家が完成した暁には是非、泊りに来てくださいね。


美山の里だより from 福島 - 2011.10.12 Wed

信州旅行を終えたおじちゃんとおばちゃんが、ありがたいことに旅行中に撮影した美山の里の建築現場の写真を、美山の里だよりとして定期的にメールで送ってきてくれています。よい記念なのでブログで紹介していきます。ありがとうございます。

紅葉の浄土平
これはD温泉に住んでいた時に連れて行ってもらったことのある浄土平の景色、紅葉がとても素敵です。D温泉近郊も景色にとても恵まれていて、住んでいた時はこの場所の他にも季節ごとに色んな景色を楽しみました。

基礎断熱
基礎の中でなぜか色の違うところがあるなと思ったら、基礎の内断熱が張り付けられているからなのでした。高原の厳冬期でも暖かい家とするための装備です。

地熱パイプ
基礎の地熱パイプ。基礎断熱とこのパイプのおかげか、冬場なにもしなくても7~8度くらいの安定した温度が期待できるらしいです。楽しみ。そういえば、このコロコロ転がっている束石みたいのは何に使うのでしょう?

土地の傾斜
こうしてみるとすごい傾斜だ、土を盛りすぎちゃったかな。はて、この裏庭をどんな風にしたら自然な感じに仕上げることができるのでしょう。創意工夫が求められそうです。

土地の傾斜上から
この傾斜…雪が降ったら滑って楽しむしかないな。今は面がぴしっと出ちゃってるし、砂利もあるしでまるで素っ気ない味気ない感じになっている。

胡桃の木2
この木の繊維で巨体を支えてきたのです、これからは我が家の一部としてよろしくお願いします。

胡桃の木1
おじちゃんから「イッシー好みの一枚!」と太鼓判を押されて送られてきた胡桃の木の写真。
固く乾いた表皮が荒々しい表情を見せており、今すぐ頬ずりしたいほどかっこいい!このあたりがどんな処理されるかはまだ分からないけれど、実物を見るのがとても楽しみです。


春よ来い - 2011.10.14 Fri

大家さんからD温泉の春の写真をいただきました。ふと、ここ何年日本の桜をみていないのかちょっと考えてみました。2005年が一番最近の記憶…ということは、なんとそうたにいたっては一度も日本で花見をしていないし、春らしい春の滞在経験がないということです。

来年は今の予定のままなら、久しぶりに日本の春を見ることができそうです。そして、春には今建てている家が出来るはずなので、そうたにとってはじめての日本の春は家族にとっても思い出に残る春になるのではないかと期待しています。

考えてみたら原村の春自体が初めてなので、とても楽しみです。これで原村の春夏秋冬、すべてを見ることが出来ます。待ち遠しい春です。

岳の春
遠くの山には残雪がみえて、優しい花の色を引き立てています。

丸鋸
こちらは美山の里の写真です。工具好きにはたまらない丸のこの写真です。我が家はデッキを自分たちで貼る予定なので、この丸のこを使いこなさなければなりません。

大事なもの
土地境界杭、とても大事なものですね。自分たちの土地を表す、家の基礎のまた手前の「初心」みたいなものですね。


故郷 - 2011.10.15 Sat

D温泉の大家さんから故郷として記憶したい素敵な写真が送られてきました。

故郷 岳温泉冬
これがうみが2歳まで暮らした土地の原風景、どこかでそんなことを覚えていて、なにかを感じてくれるといいのですが。

故郷 岳温泉春
四季折々、それぞれの美しをみせてくれるD温泉の桜坂です。みほとうみはD温泉に住んでいたころ、この道を何度も何度も散歩しました。

故郷 八ヶ岳秋
そして、この景色がこれからの我が家の故郷となる八ヶ岳南麓の景色です。雄大な山を眼下に、よく手入れされた田んぼ、わさわさと木が茂る森が素敵です。


美山の里だより2 from 福島 - 2011.11.10 Thu

我が家の家づくりブログで着々と仕上がっていくイッシー邸を見ていて、住宅建築好きのおじちゃんの血が騒ぎ、いてもたってもいられなくなり、貴重な今月のお店の連休も再び信州への旅行となりました。そして、福島のおじちゃんより美山の里だよりの第2弾の写真が届きました。

折角の休みなのだからおばちゃんは別の所に行きたかったのではと心配しつつも、おじちゃんとおばちゃん目線の今の様子が写真で送られてきて、美山の里の現場の様子が見られるのはありがたい限りです。

セロリ畑からみた美山の里1
天気が今一つで、現場は幻想的な霧に包まれてしまっているようです。私たちの一番好きな角度からの写真を撮ってきてください、というリクエストに応えていただきました。美山の里に新しい景色が加わりつつあります。白と黒の家はこの風景に溶け込むことができるのでしょうか。

セロリ畑からみた美山の里2
遠くにあるはずの我が家が手前の家と同じような大きさで見えて、遠近感が狂ってしまいます。でも、Fさんのお宅と地面のレベルがあっているのはとてもいい感じです。まだ窓枠の穴が開いていないため、壁の合板がのっぺりしていて、家にまったく表情がありません。

取り付き道路舗装版
美山の里の脇にある村道の舗装がきれいに完成していて、なんか美山の里ではなく、どこか知らない街の新興住宅みたいに見えます。紅葉と落ち葉がとてもきれいで、この新しい景色もいずれ私たちに馴染んでくれることでしょう。早くこの道を散歩してみたいです。


おじちゃんからのクイズ - 2011.11.14 Mon

福島のおじちゃんより、美山の里だよりとして我が家の建築写真がまた届きましたので紹介させていただきます。

これなんだ?
おじちゃんからのクイズ、この謎の写真はなにを写したものでしょうか?

南側デッキ屋根
デッキはないけれど、デッキの屋根はばっちりできています。とっても丁寧で、きれいな施工です。

武田ご夫妻(室内)
工事を手伝うおじちゃんと、それを温かく見守るおばちゃん。こうしてよく知っている人が入ると、天井が意外と高いとか、大黒柱が意外と太目とか縮尺を実感することができてとても楽しい。

屋根材到着
屋根の板金がはじまっています。よーく上の方をみると2列ほど屋根材が乗っているのが分かります。おじちゃんによると、下地の防水シートも分厚くしっかりしたよいものを使っていた、ということです。

玄関スラブ下の柱
玄関床スラブを支える柱がとっても立派です。これはよっぽどたくさんのお客さんを一度に玄関に入れても大丈夫ということでしょう。確かに、カイロの10階建てくらいの建物の工事現場の柱でも、こんながっしりしてるかどうか。逆に、今住んでいるアパートのことが心配になってきました…。

基礎の中のパイプ
1枚目の写真のクイズの答えはコレッ、基礎に埋め込まれている地熱利用のためのパイプの中でした。それにしてもフラッシュの先によく磨きこまれた銀玉のように煌めくものは水に反射した光でしょうか。地熱を利用しようとして、温泉でも掘り当ててしまったのかな。はたして基礎内が湿気てしまわないかとても心配です。



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

issy-family

Author:issy-family
たそがれの国際協力人イッシー
ワクワク作業療法士のみほ
歌と踊りが大好きな長女うみ
いつもニコニコ長男そうた
の4人家族ですヨロシク

最近のブログ+コメント

最新トラックバック

アクセスカウンター

カテゴリ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

月別アーカイブ

06  04  03  02  11  10  09  08  07  04  03  02  01  12  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR