topimage

2017-09

窓枠の下地 - 2011.11.27 Sun

我が家の窓は、吹き抜けの大窓、お風呂場、勝手口以外は米国から輸入するアンダーセンの木製ペアガラスサッシである。ガラスとガラスの間にはアルゴンガスが封入してあり、Low-E4という規格の高性能な窓だ。その窓が12月上旬に、美山の里の現場に搬入される予定になったという連絡がホームデザインHARATAの原田さんからきた。

届いた写真は11月19日に撮影されたもので、間柱を建て窓枠の下地を入れているところだという。

20111119開口部下地1
写真に写っているのは、2階への階段を上がってすぐの場所で、右端の窓枠は納戸にある窓用、その横はトイレの窓、その隣2つは家族の共有スペース、ファミリールームの窓で、左端が子供部屋の窓で、隣家の木の間に八ヶ岳の景色が望める絶景の窓になる。

ファミリールームの窓の下には、分厚い無垢板を嵌め込んだ原田さんオリジナルの造作カウンターデスクを設置することになっている。子供たちはこのデスクで勉強をし、私たちはオープンな書斎がわりにPCなどの作業をするためのスペースとする。素敵な景色に、ただ座って、八ヶ岳の景色を楽しんでしまい、私たちの作業は一向にはかどらないかもしれない。

ここには存在感のある原田さんのカウンターデスクに負けない、素朴な、だけどすわり心地の良い木の椅子を探して、設置する予定だ。

20111119開口部下地2
こちらは、先ほどの写真の反対側になり、主寝室の窓になる部分が写っている。天井が高く、吹き抜けもあり開放的な1階と異なり、2階の寝室は、屋根の傾斜による勾配天井がほどよい篭り感を演出してくれるのだ。

この部屋の反対側にはクローゼットとなるスペースが計画されていて、いびつな部屋の形をどうおしゃれに有効利用するか頭を悩ませるのは嬉しい悩みである。ベッドの頭の部分はやっぱりトップライトの下かな、などと想像してみるのもとても楽しい。

20111119開口部下地4
我が家の吹き抜け部分の壁には、はめ殺しの大窓が設置される。家づくりに際しては窓のことは本当によく勉強した。採光のためや景観を眺めるためなど、それぞれの窓にはそれぞれ異なる目的がある。高気密高断熱の家に限らず、暖かい家を作るためには、窓は大きければ大きいほど、多ければ多いほど熱損失が大きく、断熱にとってはマイナスになるため、少しでも性能のいい窓をバランスよく配置することが必要になってくる。

1番最初の理想はノルウェイ製の窓、次にドイツ製、スウェーデン製と検討したけれど、結局私たちに手の届く価格帯で、かつ導入後のトラブルにも比較的対処しやすい流通量の多い高性能の窓ということで米国のアンダーセンが選ばれた。

この通り窓には思い入れが強く、そのが窓がもうじき届くというニュースは、イッシーやみほを大興奮させたことは言うまでもない。あくまでも写真でということだけれど、もうすぐ窓の入った我が家にお目にかかれるかもしれないと思うと、わくわくしてくる。あくまで12月上旬に届くということなので、窓を付ける作業にどれくらいかかるのか分からないけれど、今日は窓がついたかな?写真が送られてきたかな?なんて、とにかく毎日のメールのチェックがとても楽しみになりそうだ。


屋根板金作業ほぼ完了 - 2011.11.30 Wed

11月28日にホームデザインHARATAの原田さんから届いたメールには、棟換気など細かな作業は残っているけどほぼ屋根の板金作業が終了した様子が撮影された写真が添付されていた。

屋根板金完了前庭
我が家を私道側(前庭側)から見たところ。この写真ではまだ屋根に、道具などを引っ掛ける金具がついたままになっているが、のぺっとしがちなガルバリウム鋼板の屋根に金具が案外いいアクセントになっていて、かえってかっこいいかも、と感じている。屋根を葺いたら印象が変わるかも知れないと思っていたけど、こちらからの家の見え方はちょっと腰高に見える。

屋根板金完了裏庭
裏庭側から見たところ。黒い屋根が建物を引き締めてみせておりとても格好いい。こちらからの家の見え方は狙った通りどっしりと腰が低くかまえた感じで、これでデッキがつけば、屋根と壁の見え方の面積の比率が理想通りになると思われ、とても嬉しい。

家より手前が我が家の裏庭になるわけだけど、もしかして少し建物の位置を引っ込めすぎたのかな?裏庭でイッシーが畑、うみが花壇を作り、みほとそうたは木を植える予定だけど、十分なスペースがあるのかな?

材料を引っ掛ける金具
屋根の上から見るとトップライトがピョコっと飛び出ているのが分かる。なんか、雪が降ったら段差に雪がたまりそうだけど、雪だまり対策の滑り台はこれから設置されるのかな、防水処理が万全でありますように。

屋根が葺かれた家の外観は、いつも工事が進むとそう思っているけど、だいぶ我が家が出来てきた!!という感じがしてきてとても嬉しい。実際は、完成までまだまだなんだけれど、毎日眺めている、ハンドライティングで描かれた我が家の完成予想図に、原村の美山の里の現場がだんだん近づいてきている。絵を見る目が今までと変わり、もはや家の中まで立体的に空想するようなってきており、楽しみは尽きない。

12月7日には、楽しみに待っているアンダーセンのサッシも搬入されるそうだし、現場の変化も楽しみがまだまだ続く。家づくりはお金もかかるし、個人にとってはとても大変な事業だけど、家を造ろうと決心し、プランニングでもあれこれ悩みつつ結局は楽しんで、なんて夢のある、そして息長く楽しめる事業なのだろうかと思う。しかも家づくりは、建物本体の完成をみれば終わるというものではないので、自分たちの創造力と家への愛情が尽きない限りは家づくりが続いていく。とてもよい趣味の1つだと思う。


デッキ屋根板金作業 - 2012.01.16 Mon

アレキサンドリアに降る雪、どんな感じなのかな。

エジプト北部、地中海沿いの街、アレキサンドリアに雪が降った。長い歴史の中で初めてということではないのだろうが、周りの人々は今まで雪が降るなんて聞いたことがないという。世界では温暖化なんてことがいわれているけれど、さすがエジプト、世界の流れの逆をいっており、我が道を歩んでいるということだろう。とにかく、異常気象であることは間違いない。

ホームデザインHARATAの原田さんから、1月14日に届いた写真には、白く雪に覆われた美山の里の12日から14日までの現場での様子が写っていた。山と積まれていた断熱材の施工も無事すべて終わり、現場は次の工程に進んでいた。

20120112外観
将来的に、私道から家を見て、左手前あたりにガレージを建てたいと思っているので、家を建てる位置を敷地の少し奥まったところにしてもらったけど、工事関係者の車両が何台も停まっていて、都会のコンビニよりたくさん車が止められるほど広大なスペースに見える。いずれ木で埋め尽くしたいと思っているのだけど、どんな感じになっていくのだろう。

20120112デッキ屋根板金作業2 20120112デッキ屋根板金作業3
12日は主に、デッキの屋根の板金作業が行われたようだ。左の写真に写っているのは、換気部材が取りつけられた部分。右の写真の屋根の破風板の部分を見ると、デッキの屋根も実に厚みのある立派な屋根になっていることが分かる。

20120114デッキ屋根板金作業5 20120114デッキ屋根板金作業4
屋根の破風板の部分が、しっかりと唐草と見切りの金属板で覆われているのが分かる。

20120112デッキ屋根板金作業1
日が当たらない北側の気温はマイナス8度だったそうで、金属を素手で直接触ると皮膚が貼りついてしまうとのこと。板金作業、本当にご苦労様です。

3年を過ごしたカイロからの旅立ちを前に、家族全員がそれぞれ毎日忙しく過ごしている。これがあと半月もすれば日本、数日取手の実家で過ごしてから原村に行く予定だけど、その実感はまだない。時に人の想像力は距離を超えることが出来ず、今に囚われてしまう。今の私たちが正にそうなのだろう。

多分、疲れているのだろう。今日は別府の湯にでも浸かってぐっすり眠るとしよう。


外壁換気部材(スターター)取付、天井下地組み - 2012.01.18 Wed

家の作業が中も外もがしがし進んでいて、なにしろ今のところは木材が壁に張られたり、フレームが組まれたり、木が使われていて、その変化を見られるのがとても楽しい。

今日紹介する写真も、1月12日から14日の作業の様子を写したものだ。

20120112外壁スターター取付1 20120112外壁スターター取付2
外壁スターターと呼ばれる金物の取付作業をしている。外部スターターで通気開口をを確保して、外壁を張る準備が概ね完了というところだろうか。

20120114天井下地組み 20120114天井下地組み2
天井の下地組。かなり細い材木が使われているため、万一、天井裏に入る機会がある場合は気を付けないと天井の底をぶち抜いてしまいそうだ。

20120114内部通気層
内部通気層の確保が着々と進んでおり、内側の壁を張り付ける準備もちゃくちゃくと進んでいる。

20120112床下排水管配管
まだ水を流すための設備は入っていないけれど床下排水管の配管が出来上がった。

しばらく自分の身体を使って大きな物を作っていないので、こうして家が組み上がっていく途中経過を観察していると、なかなか気が遠くなる作業だけれど、やってみたいなと思う。日本に帰って、少しでも作業に加わることができるのがとても楽しみだ。


イッシーの連休2日目の過ごし方 - 2012.04.29 Sun


P4295826.jpg
午前中はまず、昨日に切りのこしていた丸太の玉切りを行った。前日にずいぶんと要領を得ていたため、短時間で終了。今回持ってきてもらっていた1㎥はすべて切り終わった。調子に乗って次は約5倍の量をオーダーしてしまった。

次の丸太が届くまではチェーンソーの出番はひとまずお休み。1㎥をカットするのに混合ガソリンを約1L強使った。

P4295842.jpg
玉切りが終わってしまったので、イッシーが薪割をするために我が家が薪ストーブ関係でお世話になっているストーブ生活さんに薪割の道具を買いに出かけた。

斧はスウェーデン製のグレンスフォシュの薪割槌という大型の斧を購入した。かなり重いので、そうたが大きくなるまではイッシー専用の斧になる予定だ。そして、店長のご好意で薪割用の丸太台もいただくことが出来て準備は万端。家に帰り着くと早速薪割を開始した。

P4295849.jpg P4295850.jpg
薪割は以前にご近所さんに体験させてもらっていたことに加えて脳内でイメージトレーニングをしていたのでスムーズに作業が進んだ。途中でみほや子供たちにも薪割指導。イッシーの助けはあったけれど、子供たちも自分たちで薪を割れて大満足。みほはおっかなびっくり斧を振るっていたので、歯がたたず、初回のトライは残念ながら敗退した。


P4295851.jpg
薪割の合間には、デッキ作りをして、休日なのに大活躍のイッシー。

P4295853.jpg
身体を動かせば動かしただけ形になっていくのは本当に楽しいのだけれど、木工は工業製品を作るのとは違い、ぴしっと直線がでなくてもそれなりにいい感じになるところが逆に難しい。好い加減というのがなかなか分からずに、いちいち位置決めなどで悩むので、男らしく決断が速いみほに作業の大部分を任せている。

P4295860.jpg
そして一日の締めに、子供たちが大好きなイッシー特製のカルボナーラを作る。毎回作り方は様々だが、毎回それぞれが味が良くて、家族には大好評である。いつも自分が食べた経験と創造で味付けを決めていくのだけれど、今回ははじめてレシピを確認して作ってみた。

クックパッドを参考に、我が家の好みを考慮しつつアレンジを加えてみたけれど、なかなかよい出来だった。インターネットを経由して購入したイタリア製の細めのパスタにパルミジャーノレッジャーノをベースに作った濃厚なクリームソースがよく合っていた。


連休3日目 - 2012.04.30 Mon

連休3日目もいろいろな家仕事で時間が過ぎで行った。イッシーは午前中、薪割りの続き、みほはデッキ作りの続きを行った。午後にはホームデザインHARATAの原田さんと待ち合わせて、主に山の木を販売している山野草園というところに出かけて、我が家の庭を彩る木たちを選んできた。

P4305861.jpg
山野草園は国道152号線沿いにあった。ゴールデンウィーク中は安売りを行っているからなのか、そういう時期だからなのかは分からないが、結構な人で賑わっていた。

P4305870.jpg
いろいろなものを決定する際にいろいろと迷ってしまう我が家にしては珍しく、庭に植えたい木を次々に選び、購入を決定していった。自分たちで植えることも検討したが、初めてということで今回は植木まで頼むことにした。

P4305883.jpg
木を選ぶのに結構な時間がかかってしまい、帰宅が夕方になったけれど少しでも多く牧割をしておきたいとイッシーは薪割を再開した。

P4305900.jpg
ひたすら薪を割る。薪割2日目ともなるとずいぶんと要領を得ていてスムーズだ。

P4305917.jpg
イッシーが割った薪をうみが運んで並べてくれた。初めはおっかなびっくり1本ずつ運んでいたのが、段々と自信がついてきて、3本一度に運んだりしていた。

P4305919.jpg P4305911.jpg
最初に塗り終えていたデッキ材が、屋根がある側のデッキ残り1ラインを残してなくなってしまったため、みほは再びデッキ材の塗装作業を行った。2度塗り完了までとにかくひたすら塗装作業を繰り返すことになる。その後は広い側のデッキの板の並べ方について検討して実際張る作業に移る。屋根のない側の作業については本当に天候に左右されてしまうので、できれば雨が降らないでほしいと願うばかりである。

本日購入を決めた木々は、2週間ほどで我が家にやってきて植えられる予定である。打ち合わせの際「庭ががらりと変わりますよ」と興奮気味にお店の社長に言われ、私たちもなんだかとてもわくわくしてきた。思っていたよりも大きく育っている木も何本か購入できたし、本当に楽しみだ。


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

issy-family

Author:issy-family
たそがれの国際協力人イッシー
ワクワク作業療法士のみほ
歌と踊りが大好きな長女うみ
いつもニコニコ長男そうた
の4人家族ですヨロシク

最近のブログ+コメント

最新トラックバック

アクセスカウンター

カテゴリ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

月別アーカイブ

09  08  07  06  04  03  02  11  10  09  08  07  04  03  02  01  12  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR