topimage

2017-05

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土屋鞄 - 2017.04.26 Wed

既に2016年のことですけれど、みほの誕生日のプレゼントを買いに軽井沢の土屋鞄の工場・直売店に行って来ました。

20161113-1.jpg
かっこいいレンガの壁にアイアンで土屋鞄とあります。シックでおしゃれです。

20161113-2.jpg
よく手入れされている外構で、芝生と紅葉する木がバランスよく植えられています。こんな素敵な環境でじっくり物作りできる職人さんたちは幸せなだなと思いました。

20161113-3.jpg
よく整理整頓されている綺麗な工場です。土屋鞄といえばやっぱりランドセルなのですね。作りかけのランドセルがたくさん積み上がっています。

20161113-4.jpg
大きな箱はみほのプレゼントで、小さな箱はイッシーが仕事で使うストラップです。

20161113-5.jpg
包装に革製のマスコットが付いていました。

20161113-6.jpg
上品な箱を開けると、薄紙で包まれていて中身が見えません。ドキドキします。

20161113-7.jpg
プレゼントの中身は財布でした。こういった美しい革製品は初めてなのでメンテナンスしながらしっかり使い込んでいきたいと思っています。


スポンサーサイト

みほの誕生日2016 - 2017.04.23 Sun

日々の家族との生活がかけがえのないものなのですが、特別な日を一緒に祝うのは更に家族の絆を深めてくれるような気がします。

20161002-1.jpg
みほが帰宅すると頭の上から突然紙吹雪が舞い始めました。誕生日を祝う準備を「内緒で」進めていた子供たち、紙吹雪担当のそうたが降らせてくれたものでした。

20161002-2.jpg
お祝いのディナーは家族が大好きなトマトのパスタをうみが準備してくれています。

20161002-3.jpg
トマトベースでトマトの酸味とニンニクの味がガツンと効いているパンチのあるソースができました。いまではいっしーには一歩及ばないものの、みほよりおいしく作ることが出来ます。

20161002-4.jpg
子供たちだけでこの素敵なディナーを準備してくれました。感謝です。

20161002-5.jpg
誕生日のケーキは、以前から気になっていた上諏訪駅近くのケーキ屋さんのレアチーズケーキです。

20161002-6.jpg
うみの自慢のノリタケの茶器で紅茶とケーキをいただきました。

20161002-7.jpg
最後はタジキスタンにいるイッシーも一緒に誕生日の記念撮影をしました。みんなありがとう。


FESC諏訪湖ラン2016 - 2017.04.21 Fri

オフシーズンも足腰の鍛錬のために定期的に集まってランニングしていたスキースポーツ少年団のシーズンイン前の活動の集大成としてそうたが諏訪湖ランに参加しました。

20161009-1.jpg
普段の長距離通学でだいぶ体力がついていることもあり、走る前でも余裕でお友達と遊んでいます。

20161009-2.jpg
走る弟を応援するため、姉はリラックスグッズで固めてくつろいでいます。

20161009-3.jpg
仲間と一緒に走り始めました。

20161009-4.jpg
いよいよ終盤です。初めて走る距離ですが安定した走りを見せています。

20161009-5.jpg
決してスイカの季節ではないのですけれど、自宅でスイカを作っている方が差し入れをしてくれました。

20161009-6.jpg
一刀両断!綺麗に割れました。

20161009-7.jpg
そうたもスイカ割りに挑戦しました。

20161009-8.jpg
仲間の誘導のおかげでスイカを叩くことができました。

20161009-9.jpg
完走した記念の表彰でトマトジュースと賞状をもらいました。

20161009-10.jpg
キリの良い数字の記録です。また来年も完走を目指して頑張りましょう。


2017春の雪 - 2017.04.18 Tue

ちょっと前のことですが春の雪が降りました。

20170401-1.jpg
春の雪は湿気を含んでいてちょっと重いのが特徴です。

20170401-2.jpg
ちょっと春とは思えないほどの積もり具合です。



銀座でご飯 〜出雲かに御縁〜 - 2017.04.16 Sun

当時、仕事の都合で荻窪に住んでいたイッシーに会いに家族で上京して東京見物をした時に、銀座にお食事に行って来ました。エジプト在勤時代の友人の親族のお店で、応援の気持ちもあって行くことにしたのですが、そんな必要もなく既に予約しないと席が取れないというようなお店になっていました。

20161201-1.jpg
予約の時間よりちょっと早めに着いたのでお店の外で記念撮影してみました。時間限定の食べ放題・飲み放題のメニューを売り出していて、完全予約制というわけではないようなのですが、この日は予約客だけで完全に席が埋まっていました。

20161201-2.jpg
イッシーはカニが大好物です。まずは脇目を振らずにズワイガニを手に取っていますが、他にも出雲の地もの野菜、鳥、牛、豚の各肉料理、お漬物、どれもレベルが高い料理の全てが食べ放題で興奮でアドレナリンがバンバン出ています。

20161201-3.jpg
そうたが上機嫌に箸を割り、今宵は腹一杯で動けなくなる予感が漂っています。

20161201-4.jpg
メインのカニや肉だけではなく野菜も美味しくて、ちょっと口の中の味を変えたい時にいい仕事をしてくれました。他にもソフトドリンク、生ビール、焼酎、出雲の日本酒、洋酒などなど充実した飲み物るいも素晴らしい品揃えでした。

20161201-5.jpg
夕食としては早い時間の予約だったので、サービスで一人一個のカニ鍋が付いています。仕上げはカニの出汁が出た汁で雑炊も作れます。

20161201-6.jpg
贅沢にカニの身が乗ったパスタも食べ放題で、注文してから熱々が調理されて出て来ます。

20161201-7.jpg
子供たちもうまいうまいと調子に乗って色んな料理をたくさん食べていたのですが、そうこうしているうちにカニの身を取り出すコツを身につけ、カニは好きだけれど身を取り出す作業はちょっと、というイッシーのためにマシーンのように身を取り出すことそのものを楽しむようになってしまいました。

20161201-8.jpg
そしてイッシーは念願のカニ三昧でカニをこれでもかと食べまくることができたのでした。

20161201-9.jpg
こうして山盛りのカニを何回テーブルに運んだのでしょうか。あまりにも美味しくて、そしてたくさん食べ過ぎて覚えていませんが、申し訳ないことにお値段以上であることは間違いありません。

20161201-10.jpg
本当にすごいお皿の中身です。皆んなで一生分!?のカニを食べ尽くした感じです。楽しかった。カニ以外の料理も充実していて、こじんまりとしたアットホームな店構えと相まって居心地の良いまた行きたいお店です。


子供部屋のコートハンガー - 2017.04.13 Thu

子供たちの部屋は基本寝るだけの部屋というコンセプトなので収納家具とベッドのみでやって来ましたが、いくらなんでもコートハンガーがないと片付かないということに気がつきました。

そこで、我が家では毎度おなじみの飛騨産業で探してみたらなかなかかっこいいコートハンガーがあったので購入しました。今回は1種類しかラインナップがないため、姉弟で樹種や色の違いがない全く同じものです。

20161006-1.jpg 20161006-2.jpg
飛騨産業の家具は基本発注してから作られるので、なんか大きな荷物が届いたけれどなんだっけ?なんて忘れた頃に届きます。コートハンガーだけにそうたよりも大きな箱です。

20161006-3.jpg
とても綺麗な木目、そして何やら柔らかく感じる手触りが子供部屋の家具としていい感じです。

20161006-4.jpg 20161006-5.jpg
部品点数が少なくてさすがにシンプルな構造です。

20161006-6.jpg 20161006-7.jpg
自分で使うコートハンガーは自分で組み立てます。

20161006-8.jpg 20161006-9.jpg
あっという間に完成しました。うみの部屋に置いてお気に入りのAigleのフリースとエジプト帰りのバッグを早速かけてみたところ、想像していた通りいい感じです。

20161006-10.jpg 20161006-11.jpg
そうたの部屋にも置いて、そうたはモンゴルの服と帽子をかけてみました。

これで子供部屋の家具はほぼ完成だと思います。あとはきちんと片付けつつ、思い思いのレイアウトで自分だけの部屋を作っていってもらえればと思っています。


his birthday gift 2016 - 2017.03.31 Fri

だいぶ前の話で昨年のことですが、今回のそうたの誕生日はずっと以前から約束していたものを贈りました。
彼と約束していたものは自転車、「BMX」です。

外で遊ぶことが大好きで、乗り物に乗ることも大好きな彼自身は小さい時に買ってもらった幼児用の自転車を海外に出るまでのごく短い期間所有していた以外、自分の自転車を持っていませんでした。ある程度大きくなってからは、休暇で帰国した時や最近はうみのMTBを借りてというか、それを占有してお友達と遊んでいました。

いざ購入に向けて彼にちょうどいいサイズのものを探してみると、本格的な使用に耐える性能のモデルは既に売れ切れていて、アメリカもしくはヨーロッパから直輸入しないと手に入らなくなっていました。

イッシーは以前の仕事で、自分の会社が自転車を作っていたこともあり、その自転車の組み立てを一からしたことがあるので、直輸入して自分で整備するということもできそうですがBMXについては素人です。組み立てそのものはできるけれど、調整の勘所が分かりません。ここでリスクを取りたくないので直輸入という手段はとらないことに決めました。

商品の流通状況を日本のプロショップに尋ねてみると、かっこいいなと思っていたドイツブランドのWeThePeopleというメーカーの子供サイズの2017年モデルが10月中に輸入販売されることが分かりました。10月中に準備できるのならばギフトには間に合います。そして、分からないことやおすすめをショップの人に聞きながら購入するBMXの仕様を決めました。実はこの間は海外にいて、しかも往復の経路でドイツにも寄ったので、直接ドイツの自転車ショップとやり取りをして買ってくれば良いという向きもあったのですが、それにしても日本を相手にこれらの手続きを滞りなく進めることができるのですから、便利な世の中になったものです。

20161108-1.jpg
これがそうたの新しい相棒のBMXです。

20161108-2.jpg
ようやく自分専用の自転車を手にいれてとても嬉しそうです。

20161108-3.jpg
座って乗る自転車ではないので遠出には向きません。BMXのトリック技はまだできませんがおいおい練習することでしょう。

20161108-4.jpg
庭の通路を直線に直したので使いやすくなりました。それにしても、ネット通販ですがプロショップのスタッフにアドバイスをいただいたおかげでBMXと身体のサイズがよくあっていてよかったです。


Ela Vista Apartment パプアニューギニア再び - 2017.02.11 Sat

2017年最初のブログです。
だいぶ長いことブログを休んでいました。やっと記事をアップといってもまた定期的に記事をアップできるようになるにはまだ時間がかかりそうです。

何と、約10年の時を経て再びパプアニューギニアに赴任することになりました。10年ぶりのパプアは、少なくとも首都のインフラは大きく変わっていました。道が増え、美味しいレストランが増えました。これらは良い変化ですが、悪い方向の変化もかなり大きくて、ただでさえ悪かった治安がさらに悪く、ただでさえ高かった物価がさらに高くと、本当に暮らしにくそうな国になっていました。

さらに運が悪いことに赴任後すぐにアパートには入れなかったり、他にもちょこちょこ運が悪いことが重なっていて凹んでいましたが、ようやくアパートに引っ越すことができました。

20170211-2.jpg
以前住んでいたエラ・ドリーナよりもだいぶ下の方のビーチに近い方の崖を削り新設されたエラ・ビスタというアパートです。2ベッドルームの広い家で、何と入居早々断水なのですが、水が来たら掃除して、せめて家の中だけでも快適に過ごせるようにしたいと思います。

パプアは島嶼国なのでインターネットなどのインフラはかなり重要なはずですが、各地の途上国基準で見てもかなり脆弱ですし、えらい高価です。

20170211-1.jpg
アパートからの眺めはなかなか綺麗で、コキというエリアが見渡せるような感じです。一面海という部屋もあるのですが、僕の場合は草木が好きなのでこれくらいでちょうどいい感じです。

落ち着いたらぼちぼち色んなことを紹介して行きたいと思っています。


外構改造計画12 ガレージ脇駐車場 - 2016.11.18 Fri

定住するとなると、大人1人につき車1台というライフスタイルがご近所では一般的です。

我が家は前庭を広くとっているため、以外とたくさんの車を駐車することができるので、スペース的にはもう1台車を購入することは問題ありません。しかし、せめて屋根がないと冬場は車を出すのにえらい手間がかかるようになるし、車の痛みも早くなるので、車庫の屋根を延長して、もう1台分の駐車場を作ることにしました。

20160925-1.jpg
駐車する場所には防草シートを敷いて砂利を敷き詰めました。

20160925-2.jpg
車格がレガシークラスの車だとバルクタンクギリギリまで寄せてようやく鼻先も屋根の下に治るという感じです。

20160925-3.jpg
砂利が流れ出ないよう板を埋めて抑えています。プロが施行する本格的な外構工事ではこういったときにどのような処理をするのかわかりませんが、我が家ではこのようによく板を使います。いずれ朽ち果ててしまうのでしょうが、その頃までにはなんか良いアイディアが浮かんでいるのではないかな、という楽観的な見込みで進めています。

気付いたら、職人さんが手掘りでちょいちょいとボイド管の基礎を作っていました。

20160925-4.jpg
今回の材木はホームデザインHARATAの工房でプレカットしてもらったものが届きました。なので、現場では最低限の加工のみで、塗装をしたらガンガン組み立てていくことになります。

20160925-5.jpg
梅雨時で雨が降りがちなので、一時的に車は外に駐車して、車庫の中で材木を塗ります。塗料はキシラデコール、いつもの色のバリサンダです。

20160925-6.jpg
ごく小さい屋根を製作するだけなのですが、以外とたくさん材料があります。みほはとても塗装が上手になっていて、仕上がり、作業のスピードともに申し分ありません。

20160925-7.jpg
屋根の野地板も裏側が見えるので塗装します。普段、滅多に見上げないのだからほっとけばいいという意見もありますが、我が家のこだわりです。

20160925-8.jpg
こんな大きな平面もほとんどムラなく塗れる技術を習得しています。

20160925-9.jpg
設置作業は原田さんのスーパーバイズでイッシーもお手伝いをします。窓の飾り枠を剥がして、垂木を設置するための受け金物を取り付けています。

20160925-10.jpg
設計通りということなのでしょうが、受け金物の台木が本当にぴったりすぎるくらいぴったりはまっています。

20160925-11.jpg
車庫の柱の部分に当たるように長い変わった形の頑丈なネジで止めていきます。1箇所だけ柱を外してしまったので、後ほど外して締め直しました。

20160925-12.jpg
垂木は金物に釘で止めていきます。狭い上に変な方向にハンマーを振る必要があるので、作業がはかどりません。

20160925-13.jpg
垂木の固定をいい加減にやると、強風で屋根が飛ぶなどの災害が起きてしまうので、慎重にやりました。写真の左側に写っている、塗装していない細い材木の木組みがありますが、この職人芸の木組みが外側の柱を支えているおかげで、重機を使わずに桁を人力であげて組み付けていくことができました。

20160925-14.jpg
野地板も垂木ごとに縦に45cm間隔で釘を打っていきます。かなり大量の釘を使うので、エアー釘打ち機が欲しくなりました。調子が出てきたところで雨がきつくなってきたのでブルーシートで養生して、この日の作業は終わりました。

20160925-15.jpg
破風を外周に回して、タッカーでアスファルトルーフィングを止めて、自分でできる作業はほぼ完了です。ブルーシートで養生をして、細かい作業をやりつつ板金屋さんが屋根を葺いてくれるのを待ちます。

20160925-16.jpg
最後の仕上げは、いつもの板金屋さんが家や車庫と同じ色のガルバリウムを屋根に葺いてくれました。低い位置で屋根を作ったため、我が家としては最も屋根の勾配が少ない屋根になりました。大雪が降ったら雪下ろしが必要なレベルです。

後から企画して作ったとは思えないほど、デザイン上もしっくりまとまっていて、車庫がよりどっしりした感じに見えるようになり、かっこいいと自画自賛しています。まだ入れる車はありませんから、そうたがテーブルを置いたり、自分の自転車を置いたり使っています。


ハンモック - 2016.11.14 Mon

タジキスタンからの帰り、羽田空港から中央高速に乗って我が家に向かっているときに、談合坂SAに寄りました。SAでは夏休みのキャンプに行くお客さんをターゲットにしたアウトドア用品の展示即売会やっていて、ハンモックが売ってたので、デッキの上で昼寝をするのにちょうどよさそうだったので、2つほど購入しました。

20160917-1.jpg
ハンモックといっても柱に結びつけるようなやつではなく、フレーム付きの自立式です。コンパクトにまとまるし、簡単に組み立てができるので重宝しそうです。

20160917-2.jpg
トイモックという名前からしておもちゃ的なものを想像してしまいますが、作り自体はしっかりしています。

20160917-3.jpg
準備はフレームを開いてハンモックを引っ掛けたら終わりです。

20160917-4.jpg
外で日陰の下でゆらゆらハンモックに揺られるのはとても気持ちいいです。大人気なく子供たちと取り合いにならないように気をつけねば、と思いました。


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

issy-family

Author:issy-family
たそがれの国際協力人イッシー
ワクワク作業療法士のみほ
歌と踊りが大好きな長女うみ
いつもニコニコ長男そうた
の4人家族ですヨロシク

最近のブログ+コメント

最新トラックバック

アクセスカウンター

カテゴリ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

月別アーカイブ

04  03  02  11  10  09  08  07  04  03  02  01  12  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。